コラム

アンバサダー視点のススメ

失敗を許容できる組織でなければ、デジタルマーケ時代は生き残れない

share

【前回コラム】「新しい企画を上司が理解してくれないなら、自分でリスクを取って成功してから報告するべし」はこちら

トップが失敗を許容できるか

前回のコラムでは、新しい企画を上司が理解してくれないなら、自分の権限の範囲でリスクを取るべきではないか、という話をご紹介しました。当然、この議論をする際に問題になるのが、「では、リスクを取った担当者が失敗した場合にどうなるのか?」という点です。

もし、リスクを取った担当者が失敗について責任を取らされるようなら、当然その担当者は次からは失敗を犯すことを恐れて、二度と挑戦しなくなるでしょう。担当者にリスクを取って挑戦しろ、というのは簡単ですが、実は大事なのは挑戦して失敗した際に上司や組織がどう反応するかという企業文化です。

個人的にこのことを痛感したのは、前回のコラムでも書いたad:tech関西のセッションでご一緒したユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)とネスレ日本の逸話です。

このセッションでは、議論の結論として「新しい企画を上司が理解してくれないなら、自分でリスクを取って成功してから報告するべし」という話になったということは前回のコラムでも書きました。

実はそのセッションのパネリストであったUSJの田村考さんの上司にあたるUSJのCMOである森岡毅さんがadtech関西の基調講演で登壇された際に明確に発言されていたのが「我々はもっともっと失敗して学ばなければならない」という話でした。

マーケターにとっての最も重要な能力は、「自分で決める能力」で、自分で決める経験を若い頃からできるかが非常に重要だというお話もされておりました。自分で決める経験をするということは当然失敗という苦い経験をすることも重要だという話につながっています。だからこそ、担当の田村さんも失敗するリスクを取る重要性を強調できるのでしょう。

写真:H&Kグローバル・コネクションズ

さらに、同じくセッションのパネリストであったネスレ日本の津田匡保さんの上司にあたるネスレ日本社長の高岡浩三さんは、筆者がアンバサダーとして参加したワールドマーケティングサミットのセッションで、「本社と違う方針のアプローチの場合は、本社に相談せずに小さいレベルでやってみる。小さい失敗であれば問題にならないし、成功すれば本社にちゃんと聞いてもらえる」と強調されていました。

奇しくも担当の津田さんの議論の結論と全く同じ話を、社長の高岡さんが明確にされていたわけで、つくづくネスレ日本というのは社内教育が行き届いている会社だなと感心した瞬間でした。

つまり両社とも「失敗を許容する文化」がトップダウンで明確に宣言されている会社であると言うことが伝わってくる逸話と言えると思います。

次ページ 「日本企業に投げかけられている問い」へ続く

Follow Us