伝説のノートでつくる特別なギフトで顧客ロイヤルティを向上

share

トランス「モレスキン カスタムエディション」

クリエイティブに生きる人に響くギフト

moleskine1

アパレルのベイクルーズは、キャンペーンでモレスキンを採用。6ブランドごとに異なるデザインのノートを作成。BtoB向け限定カラーのグレーやネイビーも使用した。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイそしてブルース・チャトウィンなどの芸術家や思想家に愛されてきた伝説的ノートブックの相続人であり継承者、それがモレスキンだ。シンプルな長方形で、丸みのある角、紙を束ねるゴムが付くのが特徴。これまでどんなクリエイティブなアイデアが記録されてきたのか、と思いを馳せるのも楽しい。

そんなモレスキンをプレミアムやノベルティに活用できるのをご存知だろうか。実は海外ではすでに名だたる企業が活用している。

アートやデザインといったモレスキンの持つ文化的な背景は、支持されている理由のひとつ。ブランド価値のあるモレスキンをプレゼントすることで、企業の想いも届けたいと期待しているのだ。

モレスキンのカスタムエディションではハードカバー、ソフトカバー共に、表紙、内扉、紙帯の3カ所に企業名やイラストなどを入れられ、国内に在庫があるため、100冊から申し込め、短納期での製作が可能。フルオリジナルデザインも3000冊から可能だ。

molesline-3

トランス 営業本部 中山通人氏

「モレスキンは、30~40代を中心に根強いファンがいるブランド。『ノートが欲しい』というより『モレスキンが欲しい』と購入されていくようなノートです」とカスタムエディションを販売するトランスの中山通人氏は言う。

ノベルティ事業を行う同社では、モレスキンのカスタムエディションに同梱する、付箋やステッカー、カレンダー、冊子などのグッズや、化粧箱の作成も行う。

顧客が喜ぶ上質感のあるノート

moleskine2

ANAは、スター・ウォーズのコラボキャンペーンの一環で、ヒューストン線就航の初便搭乗者にモレスキンをサプライズプレゼント。オリジナルの付箋(作成・トランス)も付けた。

市場で人気のモレスキンだけに、企業がオリジナルで作成するカスタムエディションは希少価値も見込めそうだ。アパレルのベイクルーズでは、ネット通販で2万5000円以上購入した人に高級感のあるプレゼントをしようと、モレスキンを採用。ブランドイメージに沿ったデザインで、シンプルで大人っぽいノートを作成し、特設サイトも設けたところ、キャンペーン対象購入金額に該当する件数が前年に比べ20%増。対象金額にするためのプラス購入を促した。

全日本空輸(ANA)では、上質感があり、男女とも使いやすく、社内の上層部がお客さまにちょっとしたギフトをお渡ししたい時にも使えるもの、という観点から、新規就航の記念品にモレスキンを採用。在庫がなくなるほど人気が出ている。

カスタムエディションは、用途などモレスキン側の審査を経て、予算や配布数に応じた加工を決めていく。企業ブランドの訴求や、顧客ロイヤルティ向上のためのギフトで採用しやすい。

お問い合せ
株式会社トランス(モレスキン B2B 日本総代理店)
http://www.moleskinecustom.jp
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル9階
TEL:03-6679-5569
E-mail:info@moleskinecustom.jp

Follow Us