“DSPをOEMで提供する”という新しい可能性〜膨大なユーザーデータを保有する企業の福音となるか

share

独自データを活用したスマートフォン向けアドプラットフォームの構築・運用に強みを持つSupershipと、情報キュレーションアプリ「グノシー」を運営するGunosy が業務提携し、新たな広告サービス「Gunosy DSP」を立ち上げた。マーケターの間で注目が高まるデータドリブンマーケティングにおいて、いま求められることとは? 同サービスを積極的に活用するDeNAとともに、意見を交わした。
ss0725-1

左から
・Gunosy 執行役員 マーケティング本部広告事業部 長島徹弥氏
・Supership 広告事業本部長 宮本裕樹氏
・DeNA デジタルマーケティンググループ グループマネジャー 今西陽介氏

データマーケティング成功のカギは高精度のデータと配信技術

―DeNAが、Gunosy DSPに出稿する理由を聞かせてください。

今西 Gunosy DSPに出稿を決めた理由は、大きく二つあります。まず、ニュースアプリ「グノシー」のオーディエンスデータを使って広告配信ができる点。アプリ内への広告配信は以前から実施しており、高い効果を得られていたので、記事閲覧データを用いた外部配信も、一定の効果が得られるだろうと考えました。

また、独自データを活用したスマートフォン向け広告配信に強みを持つSupershipと連携して構築されたものですから、期待値は高かったです。

スマートフォン向けゲームのデジタルマーケティングを統括する立場として、私のミッションは、①ダウンロード数を伸ばす、②継続的にプレイしてもらう、の2つ。

新しいゲームが生まれては淘汰されていくゲームアプリ業界で、それを実現するためには、精度の高いデータでターゲティングし、精度の高い配信で広告を確実に届ける必要があります。

長島 Gunosy DSPは、Supershipの「ScaleOut DSP(スケールアウト)」に、当社が運営するグノシーと、当社子会社が運営するゲーム攻略プラットフォーム「Game8(ゲームエイト)」の閲覧データを連携させて構築しています。

これにより、グノシーのアプリ内で、グノシーユーザーに対して広告配信するだけでなく、グノシーユーザーや、それに近い属性のユーザーに対し、外部サイトで広告を配信できるようになりました。

これを活用し、直近でDeNAと試験的に行った広告施策は2つ。一つは、グノシーの閲覧データを基につくった、DeNAのスマホゲームと親和性が高そうなセグメントへの配信。

もう一つは、ゲーム好きが集まるゲームエイトのCookieデータを基にした配信です。

今西 DeNA のプラットフォーム「Mobage」のオーディエンスデータを用いた、外部サイトへの広告配信は、2〜3年ほど前から実施してきました。

例えば、FacebookやTwitterの広告プラットフォームにモバゲーのユーザーデータを入れ、アクティビティの高いユーザーと属性が近いターゲットに配信するという形です。

一方で他社のオーディエンスデータを活用した配信も数多く行ってきましたが、目立った効果を得られずにいました。とは言え、より幅広いターゲットにアプローチする必要性は強く感じていました。

長島 グノシーのオーディエンスデータを用いて外部配信を行いたいという企業は、近年増えていると感じます。

というのも、グノシーのユーザーは、グノシーのアプリだけを1日中見ているわけではありません。ユーザー 1人あたりのスマホ利用時間は2〜3時間/日と言われますが、その時間だけに絞って見ても、グノシーだけを閲覧しているわけではなく、SNSや動画、ゲームなどさまざまなサービスを利用しています。

そのため、グノシーユーザーが、グノシー以外のサイトやアプリに接触しているタイミングにリーチするのは、非常に有効だと思います。

今西 スマホ関連のビジネスは、消費者の可処分時間の奪い合い。しかも戦況は刻々と変化していきます。オーディエンスデータを保有しているグノシーは、ユーザーのグノシー内外での行動をリアルタイムに可視化し、変化に合わせて広告・コミュニケーションを展開することができる。

それは、データ保有企業の強みであり、広告主がそのデータを活用したいと考える最大の理由でもあります。

次ページ 「データ保有企業の新ビジネス創出とマーケターの課題解決を両立」へ続く

お問い合わせ先
Supership株式会社 アドプラットフォーム事業部
TEL:03-6365-6755
E-mail:so-sales@supership.jp

Follow Us