コラム

渡辺潤平の「非進化論」〜自分にできることだけをしっかりやる、という仕事論。

#非進化論7:生まれ変わってもグラビアがしたい(グラビアアイドル:浜田翔子さん)

share

今回の仕事人
今回たずねた仕事人は…グラビアアイドル:浜田翔子さん

ある夜、事務所のテレビでバラエティ番組を見ていて、とあるフレーズに引っかかりました。「アイドルDVDリリース史上最多」(2016年10月現在、51枚)。そんな肩書きとともに画面に登場したのは、高校生みたいに小柄でニコニコした女の子でした。
人の入れ替わりが究極的に激しいグラビアの世界で10年以上も活躍し、50本以上のDVDをリリースしてもなお、前向きに活動を続ける浜田翔子さん。一つのことを突き詰め続ける生き方に迫ってきた「非進化論」的に、絶対にお話を伺うべき人なのではないかと考えました。
とある初秋の昼下がり、テレビや雑誌でのイメージそのままに、ニコニコと事務所にいらっしゃった浜田さん。ふんわり穏やかな対談になるかと思いきや、骨太な覚悟と意志に裏付けられた言葉が次々に飛び出して、空気が一気に熱くなるのを感じました。

レースクイーンから始めたキャリア

渡辺:浜田さんが、この仕事に就いたきっかけを教えてください。

浜田:モーニング娘。さんに憧れてオーディションを受けてたんです。何度か1次通過、2次通過はしたんですけど、最終的にはいつも合格できなかった。
あるとき、地元の京都から東京に遊びに来た帰りに、今の事務所の方にスカウトされて「東京に来ない?」って言われて。それで高校も編入して、すぐに東京で芸能活動をはじめました。

渡辺:そもそも芸能界に憧れていたんですね。

浜田:かわいい女の子が大好きで、テレビで歌番組を見ながら、こんなふうにかわいくなりたいって、いつも思っていました。

渡辺:レースクイーンからのスタートだったんですよね?それはどういう流れで?

浜田:レースクイーンって、“ハイレグのキレイ系お姉さん”がやっているイメージだったんですけど…私が入った頃は、ちょうどかわいいコスプレ服が多くなった時代だったんです。私、コスプレが好きだったので「レースクイーンがやりたいです」って、自分から事務所の人に言いました。

渡辺:その当時は、ここまで長くこのお仕事を続けていくってイメージはしていましたか。

浜田:思ってなかったですね。20歳の時、日テレジェニック(※日本テレビが選出するイメージガールプロジェクト)だったんですけど、その時の未来予想図には、「26歳ぐらいで実家に帰って、また1年ぐらいして戻ってきて、30歳ぐらいからいい人を探す」って書いていたんですよ(笑)。まさか、30歳まで続けているとは思わなかったです。

渡辺:当然、グラビアの世界は急速に世代交代が進んでいきますよね?どんどん自分より若い人たちが出てくることに対しての焦りはありますか。

浜田:めちゃくちゃあります!コンビニで若い子がグラビア誌の表紙を飾っているのを見て、私はもう表紙にはなれないのかな…って焦った時期もありました。

渡辺:浜田さんはいつもニコニコしていて、あんまりそういう“陰”の部分を感じないですよね。

浜田:楽しいことをしてたら、わーって楽しくなって、笑いジワができてもいいやって思うタイプです。ずっと子どもみたいに楽しく暴れてますね(笑)。現実は30歳なんですけど、まだ20代のつもりでいる自分がいます。とりあえず、毎日楽しくしていたら楽しい気がします。悲しいときはすごく悲しいんですけど。

渡辺:事務所の後輩たちには、お姉さん的な立場としてアドバイスしてあげたり、相談に乗ったりもするんですか?

浜田:たまにあります。

渡辺:そんな若い人たちを見て、自分と違うなと思うことはありますか?

浜田:厳しくないですよね。ゆるいなって思います。練習しようよ、って声をかけても「(やらなくても)大丈夫じゃないですか?」みたいな感じで。でも、演技もレッスンも、練習してなくてもちゃんとできちゃうんですよ。今の若い人って、器用でうらやましいですね。自分は不器用だなって。頑張んなきゃ、追いつかなきゃって、いつも思います。

渡辺:何でもできちゃう若い子たちを見て、またちょっと焦りみたいな気持ちが出てくることも…?

浜田:ありますね。でも、とりあえず自分は自分って思うしかないので、頑張ろうと思います。

次ページ 「グラビアは過酷な職業」へ続く

Follow Us