コラム

ALL YOU NEED IS BUZZ

#07 バズの分解 –毎日食いつくべき4つのデータ–

share

いきなりですが、クイズです。
この3つの映像の再生数はどれくらいで、再生数順に並べると、どういう順番になるでしょうか。



 

正解は、

1位:DUMB WAYS TO DIE(1億4169万0351回)
2位:VOLVO TRUCKS(8481万5548回)
3位:DOVE REAL BEAUTY SKETCHES(6723万2022回)

では世界的注目を集めたMVの場合はどうでしょうか?



 

正解は、

1位:PSY – GANGNAM STYLE(26億8461万9009回)
2位:Justin Bieber – Baby ft. Ludacris(14億8614万7232回)
3位:Pharrell Williams – Happy(9億0165万1454回)

想像を絶する再生数です…
なぜこんなクイズをしたかというと、この問いの正解率を上げ続けることが、バズを生み出し続けるために不可欠だからです。

世の中のコンテンツの閲覧数を推測する力は、自分でアウトプットしたコンテンツの拡散数を予測する力に直結します。
そのコンテンツが、どういう推移で、どういう人に、どれくらい見られるかを見据えることが出来て初めて、そのコンテンツ制作にどれくらい予算をかけるべきか、いつPRを打つべきか、広告枠がどれだけ必要か、といったことを考えられ、精緻なコミュニケーション設計が可能になります。

そしてそれ以上に、何よりも重要なのは、どのアイデアにGOを出すべきかが判断できる、ということです。

基本的に広告では、どんなアイデアを実施するときにも、数十、数百のアイデアの山の中から、きらりと光る1案にGOを出しますが、拡散がうまくいかない例の大半は、その予測を失敗していることが原因だと考えられます。

予測という行為はものすごく難易度が高い。どんな天才クリエイターでさえも、PPAPがあれだけ拡散することは予測できません。

逆に言えば、この予測能力を高めれば高めるほど、アイデアの選定力が高まり、バズの精度が飛躍します。

では、いかにしてその、予測能力を高めていくのか?
その答えはとてもシンプル。”データを貪ること”です。

次ページ 「データインプットステップ」へ続く

Follow Us