沢渡朔、野村佐紀子の写真をVRで体験

share

1月24日から新宿NEWoMan1階のNEWoMan labにて、「Photo VR」展が開催される。参加アーティストは、写真家 沢渡朔と野村佐紀子。

参考画像:野村佐紀子(左)、沢渡朔(右)

本企画では、NEWoMan 新宿の期間ライフスタイルテーマである”Techno Modern” をテーマとした NEWoMan Art wall での沢渡、野村の作品展示に連動したもの。会場に設置されたヘッドセットを装着して「VR」を使って作品に没入する、 新たなアート作品鑑賞が体験できる。この企画のために、沢渡、野村が新作を撮影。新たな写真表現に挑んだ。

沢渡は通常の撮影とは異なる、撮影者自身も含めた空間全体が撮影される360度カメラを使用。その特性を生かして、写真の現像空間である暗室にて「Rain」シリーズを捉え直した作品を展示する。野村は写真に鑑賞者が入り込み、撮影された写真のモチーフを鑑賞者が能動的に捉える必要のあるVRの特性に着目し、日本およびタイにて撮影した283枚の写真の中から選出した作品を展示する。なお、これからのコンテンツはFmが開発したVR制作編集のクラウドソフト「3D Stylee」を活用してVR化されている。同コンテンツは、各自のスマートフォンでも体験可能である。

空間デザインは、樋口耕介と瀧翠が主宰する建築デザイン事務所「T/H」が担当している。
会期は、1月29日まで。入場無料。

Photo VR

沢渡朔「水辺」/野村佐紀子「0283」
日程:1月24日(火)~29 日(日)午前11時~午後10時
会場:NEWoMan 1F NEWoMan lab.

Follow Us