「日清ラ王」×「DELISH KITCHEN」 定番商品の“付加価値”をいかに伝えるか?

share

ノンフライ袋麺の定番「日清ラ王」。ラーメンとしての食べ方だけでなく、さまざまな料理の素材として活用できる魅力を伝えるために、日本最大級のレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」とコラボレーションした。レシピ動画を制作した背景から効果までを同社 マーケティング部 第5グループ 棚橋麻衣子氏と、「DELISH KITCHEN」シニアブランドコンテンツディレクターの三ツ中菜津美氏に聞いた。

袋麺を料理の素材へ アレンジレシピを提案

every0531-1

棚橋:「日清ラ王」が属するノンフライ袋麺市場は一時期ブームになり、売上が大きく伸びましたが、その良さが広く浸透したことで市場は落ち着いている状態。改めて、既存のお客さまの喫食機会を増やし、新規のお客さまにお試しいただくために、ラーメンとして食べるだけでなく、料理の素材として日常づかいができる“付加価値”を伝えていこうと考えました。

「日清ラ王」はラーメンの王様の名の通り、当社の最新技術を使った「麺」に特にこだわった商品です。ノンフライなため、料理の味を損なわず、さまざまな活用が可能です。

三ツ中:最初のお取り組みでは「日清ラ王」を使った“おうちまぜそば”を広めていきたい、というご依頼をいただきました。

“おうちまぜそば”は「日清ラ王」の麺と調味料でできる汁なしの料理。複数のアレンジレシピを提案させていただき、完成したのが「日清ラ王 味噌」を活用した「柚子胡椒まぜ
そば」です。ひき肉に「日清ラ王 味噌」のスープと柚子胡椒などを加えて、レンジで簡単につくれるレシピにしました。

棚橋:アレンジレシピは当社からも発信していますが、さらにお客さまの共感を生む内容にするために、今回は献立に悩む主婦層に向けて、第三者的な立場から発信してもらいたいと企画しました。

レシピ動画メディアは複数ありますが「DELISH KITCHEN」は国内フォロワー数No.1で、アクティブなユーザーが見ている印象を持っていました。日頃からレシピ動画を献立づくりに役立てているユーザーに見ていただけることで、より多くのお客さまに「日清ラ王」のレシピをお試しいただけると考えたのです。

三ツ中:日々、料理をする主婦の悩みはつくり方ではなく、献立づくりにあることが多いです。まさに「DELISH KITCHEN」は、そうした悩みを持つ人たちの課題を解決したいという思いを持って運営しています。

棚橋:実際に「柚子胡椒まぜそば」を食べてみて「日清ラ王 味噌」に柚子胡椒が合うことに驚きました。それに、ひき肉はフライパンで炒めないと風味が出にくいと思っていましたが、レンジだけでもおいしくできました。

鍋もフライパンも使うとなると、洗い物に手間がかかってしまうと嫌がる人もいます。

三ツ中:「誰でもおいしく簡単につくれるレシピ」をコンセプトに動画を制作しているので、料理初心者の方でもつくれるように材料や調理工程を工夫しています。

「日清ラ王」は調味料がしっかりとつくられているので、難しい工程がなくてもきちんと味が決まるんですよね。

次ページ 「パッケージからレシピ動画に誘引 つくり方を分かりやすく伝える」へ続く


お問い合わせ
株式会社エブリー
〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル4F
TEL:03-6434-0874
URL:https://corp.every.tv/
E-mail:info@every.tv

Follow Us