大戸屋 人気メニューをレシピ動画化 20~30代女性の来店を促進

share

素材の良さと店内調理にこだわった定食屋を全国に展開する「大戸屋」。20~30代女性の来店促進のためにレシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」を使い、人気のメニューのつくり方を紹介する動画を公開した。その狙いから効果について、同社 執行役員の柏原 芳昭氏と、「DELISH KITCHEN」シニアブランド コンテンツディレクターの三ツ中 菜津美氏に聞いた。

(左)エブリー 「DELISH KITCHEN」シニアブランド コンテンツディレクター 三ツ中 菜津美氏
(右)大戸屋 執行役員 マーケティング企画管理部長 柏原 芳昭氏

20~30代の新規女性層に大戸屋のこだわりを伝える

柏原:大戸屋は定食屋なのであらゆる年代の方にご利用いただいていますが、その中でも中心となるのは20~30代。ただし、この層の女性に少し減少傾向が見えていたので、6月の新グランドメニュー展開にあたって、改めて大戸屋を認知してもらいたいと考えていました。「DELISH KITCHEN」は我々が最もリーチしたいターゲット層をユーザーとして多く保有し、数多くの実績をお持ちでしたので相談しました。

三ツ中:メーカーさまの商品の認知、販売促進につなげるといったお手伝いをする機会が多いのですが、今回は飲食チェーンである大戸屋さんのメニューを知ってもらい、来店促進を狙うという初めてのお取り組みでした。まずはメニューブックを開いて、どの料理にしましょうか、という会議から始まりました。

柏原:我々はメニュー開発に際して、栄養バランスを重視してきました。そこが女性からも支持されてきたポイントなので、今回の企画も女性の関心が高そうな「野菜」をテーマに訴求したいと思っていました。そこで、創業当時からある人気の「チキンかあさん煮」と、新メニュー「鶏むね肉とたっぷり野菜の香辛だれ」のつくり方をレシピ動画で紹介することにしました。

三ツ中:来店促進のためのプロモーションで、店舗で提供している料理の調理方法を紹介するという手法は新しいですよね。

柏原:もともと大戸屋は店内で野菜を洗って仕込んで、手づくりで調理するスタイルですので、それをそのまま見てもらうことで、“お店のこだわり”を知ってもらえるのではないかと思いました。「DELISH KITCHEN」が普段公開されているレシピ動画よりも、工数は多かったかもしれませんね。

三ツ中:たしかに本格的に料理をさせてもらいましたが、ユーザーからはすごく良い反応が返ってきました。ユーザーによる再現投稿も多くアップされており、実際につくってくれたこともわかります。

柏原:「DELISH KITCHEN」のレシピ動画での料理の見せ方やリズム感は、さすがだと思いました。調理の工程をシンプルに見やすい形でまとめていただいたことも大きいかなと思います。

レシピ動画。実際に店舗で使用されている土鍋や皿を借りて制作した。

次ページ 「首都圏のビジネス立地でターゲット層の来店が増加」へ続く


お問い合わせ

株式会社エブリー
〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 セントラム六本木ビル4F
TEL:03-6434-0874
URL:https://corp.every.tv/
E-mail:info@every.tv

Follow Us