キリン・キールズも活用するTABI LABOのブランドスタジオとは。

share

欧米では大手メディア企業が次々と「ブランドスタジオ」を立ち上げ、コンテンツ制作力で広告枠以外の広告主向けのサービスを拡充している。日本でもTABI LABOが、新組織を発足。企画・制作力を武器に、スマホ・SNSを軸としたWebプロモーションをワンストップで支援する、TABI LABOの「ブランドスタジオ」が提供する価値とは。

写真右からクリエイティブ・ディレクターの池有生氏、TABI LABO代表取締役の久志尚太郎氏、動画プロデューサーの石川 穣氏、セールスディレクターの春原由之介氏。

スマホ・SNSを軸としたトータルプロモーションを設計

海外のムーブメントやトピックを中心に、新しい価値観やライフスタイルを発信してきたメディア「TABI LABO」。

この「TABI LABO」を運営する、株式会社TABI LABOは2017年8月、広告主企業に対してスマートフォンを軸としたトータルプロモーションプランニングとクリエイティブの企画/制作/流通を行う新組織である「BRAND STUDIO(ブランドスタジオ)」を設立した。

従来のテレビを軸としたキャンペーン設計ではなく、現代の消費者の行動に合わせた、モバイルデバイスを軸とした統合型のプロモーション企画からコンテンツ制作まで担うという「ブランドスタジオ」。これまで120社以上の企業と直接取引で、マーケティング課題を解決してきた当スタジオのメンバーに、スマホ時代に対応したマーケティングの方向性を聞いた。

—「ブランドスタジオ」を設立した背景とは。

久志:「ブランドスタジオ」とはメディア企業が、広告主のブランドに合わせてマーケティング支援、コンテンツ制作を行う専門チームの名称で、近年欧米の有力メディアでは次々に組織を発足させています。今回、僕たちも新しく組織を発足はさせましたが、これまで提供してきた価値を、わかりやすい形に、言語化したと言ったほうが近いと思います。

既存の「枠」という広告の概念が年々ユーザーに受け入れられなくなってきている中で、ユーザーに自然と受け入れられるクリエイティブやコンテキストを重視したブランドコンテンツやコミュニケーションなどを創業から「ブランドスタジオ」的な機能を持ち、ソリューションを提供してきた経験と知見が、今回の新組織に結実した形です。

—「ブランドスタジオ」の強みとしているところは何でしょうか。

久志:スマホが急速に浸透して、あらゆる場面で消費者のタッチポイントになってきています。僕たちが運営する「TABI LABO」でも、ユーザーの9割はスマホからの流入です。そこで課題になるのが、スマホ時代の新しい広告の形をどうつくっていくか。

アドブロックが普及したり、従来の枠に流し込むマス広告やネット広告の発想では広告が届きづらくなっています。消費者にいかにしてコンテンツを届け、さらにその先のマーケティング目標を達成するかが、僕たちの役割なので、世界中の情報やトレンドをリアルタイムで集めてメディアを運営している知見を生かし、スマホを軸に記事、動画、VR、インフルエンサー、サンプリング、フリーペーパー、イベントなど、あらゆるフォーマットのコンテンツに対応できるチーム体制が強みです【図1】。

【図1】 記事、動画の企画・制作から配信までを全て担える社内体制

次ページ 「メディア運営のノウハウをコンテンツ制作・配信に生かす」へ続く



お問い合わせ
株式会社TABI LABO
TEL:03-6427-0729(営業直通)
E-mail:sales@tabi-labo.com
URL:http://tabilabo.co.jp

Follow Us