「HTMLメール制作」はツールで自動化 余ったリソースを戦略立案へ

share

HTMLメールには、テキストメールに比べて比較的訴求力が高い、開封率が把握しやすいなどさまざまな利点がある。しかし企業によっては、人的リソースやコストなどの課題に直面し、十分に運用できていないことも多い。そんな課題を解決する、画期的なツールとは。

左)ユミルリンク セールス本部 営業部 営業3課 マネージャー武藤直幸氏(むとう・なおゆき)
Cuenote製品の営業担当として、多種に渡る業界・業種の導入支援に従事。
右)ユミルリンク セールス本部 営業企画部 シニアマネージャー渡邉弘一氏(わたなべ・ひろかず)
Cuenote製品のマーケティング、企画を担当。各種マーケティング製品とのアライアンスも担当。

メールやソーシャルメディアそれぞれの利点を生かす

HTMLメールは、文字のみで構成されるテキストメールとは異なり、画像を入れたり、書式編集したりと、豊かな表現ができるのが魅力。主にB to Cのメールマーケティングで利用が拡大している。

一方で、「プロモーションメールをHTML形式にして、訴求力を上げたい」─そう思いながらも、内製するためのリソースや外注コストなどの面から、結果的にHTML化を諦めたり、情報発信をソーシャルメディアに一本化してメール配信自体をやめてしまったりというケースもある。

「しかしB to Cのデジタルコミュニケーションでは、一つのツールだけを使っていればいいというものではありません」と、ユミルリンクのセールス本部営業企画部・渡邉弘一シニアマネージャーは指摘する。「メールの利点は、企業が適切なタイミングでユーザーに情報を届けられるプッシュ型であることと、幅広い年齢層をカバーできること。

ソーシャルメディアには拡散力がありますが、その情報はターゲットがソーシャルメディアを開いたタイミングで目にしなければ流れていってしまう。無料通信アプリなどはプッシュ型で普及率は高いですが、シニア層には届きにくい。コミュニケーション手法が多様化していることから、それぞれのツールの利点を生かした使い分けが必要になってきているのです」

メールの中でもHTMLメールの利点は、画像を入れることによって興味を持ってもらいやすいことと、効果測定の一つの指標となるメールの開封率を取得しやすいことだ。「リソースやコストの課題がクリアできれば、HTMLメールはとても有用です。そこで当社では、誰でも簡単にHTMLメールが作成できる『HTMLエディター』を開発しました」(セールス本部 営業部 武藤直幸マネージャー)。クライアントからも、「新任担当者でもすぐに操作できるツールがあれば良い」といった声があったという。

HTMLエディター

新機能の「HTMLエディター」。HTMLの知識がなくても、操作画面上で画像をドラッグ&ドロップしたり、指定の場所に文字を入力したりすることにより、簡単にHTMLメールが作成できる。レイアウトも自由に変更可能。

 

サービス詳細

レイアウト変更や画像のリサイズなどがボタン一つででき、自動で閲覧者の画面サイズがWebブラウザに応じて変わるレスポンシブWebデザインにも対応。ユーザーの興味を引くよう、件名に絵文字を使ったり、プリヘッダーテキストに任意の文章を入力したりすることも可能。

 
①ドラッグ&ドロップで画像挿入

 

②Webブラウザに応じて変わるレスポンシブに対応

 

③タイトルや本文にemoji (絵文字)も使用可能

 

④効果測定ではデバイス別の分析や時間別の分析が可能

 

次ページ 「ツールで削減した制作時間を、効果測定や戦略立案に」へ続く


お問い合わせ
ユミルリンク株式会社 セールス本部
TEL:03-6820-0515
E-mail:cuenote@ymir.co.jp

Follow Us