動画配信アプリ 収益国内No.1、仮想ライブ空間「SHOWROOM」の成長戦略

share

米アプリ調査会社アップアニーが2017年9月に発表した、日本国内の動画配信アプリの収益性ランキング。2017年1月から6月の上半期で1位に輝いたのは、DeNAグループの「SHOWROOM」。2位以下には、ネットフリックスやニコニコ動画が並ぶ。

「SHOWROOM」とは、仮想ライブ空間の中で、無料で誰でもライブ配信と視聴ができるライブ配信プラットフォーム。地上波テレビの出演やファッション誌でのモデルデビューなど、様々なイベントが常に開催されており、夢を叶えたい人と、それを応援したい人が集まっている。”世にある機会格差を無くす”といった想いから始まった、新しいエンターテイメントの形を生み出していくサービス。

同社 代表である前田裕二氏は、DeNAの南場智子社長が5年かけてくどいた人物とされ、秋元康氏をして「堀江貴文以来の天才」と言わしめた逸材。若者を熱狂させている「SHOWROOM」の成長戦略から、快進撃を可能にした組織づくりまで、創業時から前田社長とパートナーを組んできた、同社CTO(最高技術責任者)の佐々木康伸氏に聞いた。

SHOWROOM CTO(最高技術責任者) 佐々木康伸氏

努力がフェアに報われる世界をつくりたい

—「SHOWROOM」の盛り上がりがすごいと聞きます。まずは、どのような成り立ちで生まれた会社なのでしょうか。

私たちSHOWROOMは、DeNAの新規事業として生まれた会社です。社長の前田と私が同じタイミングで新規事業部に在籍していたのですが、前田が上層部に「東京の東側っぽい人間と組みたい」というオーダーをしたようで、生まれが東京・葛飾区だった僕が選ばれました。下町エリア出身の“どろくさい人間”が欲しかったようです(笑)。

二人ともバンド活動をしていたこともあって、まずはエンターテインメント業界を変える仕事をしたいという話になりました。IT業界と違って、エンターテインメント業界は演者さんが頑張った分だけ、正当に認められる仕組みがまだ整っていません。そこで、「みんなの努力がフェアに報われる世界をつくること」をミッションに掲げました。

当時、前田と注目したのは中国で流行していた「ライブ配信×ギフティング(応援のコメントや換金可能なポイント)」のビジネスモデル。この方法なら、演者さんの努力が報われるのではないかと、チャレンジしたのです。

—その想いから、ユーザーが応援するためにギフティングというモデルが生まれたのですね。

そうですね。ユーザーは、花束や東京タワーの形をした有料アイテムを購入して、演者さんを応援することができます。また、その応援に対して、演者さんがお礼のコメントを寄せることもあります。演者さんの努力が、しっかりと評価されるモデルになっているのです。

無料のポイントも合わせると、月間16億ポイントがやり取りされています。私たちは、ライブ配信に対して、どれだけユーザーがギフティングしたり、コメントしたりしたかを「エンゲージメント指数」として算出し、サイト上でもランキング表示しています。

アーティストやアイドル、タレントなどの配信が無料で視聴でき、さらに誰でもすぐに生配信が可能な、双方向コミュニケーションの仮想ライブ空間「SHOWROOM」。SHOWROOMを一緒に盛り上げる仲間を募集中。興味のある方はこちら

—「SHOWROOM」のユーザーは、どのような人たちなのでしょうか。

現在、登録者数は約150万人、アプリは200万ダウンロードです。アイドルのライブ配信が多いこともあって、利用者の半数以上は男性です。また、配信者側も急激に伸びていて、15万人に上ります。

実はAKB48など著名なアイドルの配信ばかりに注目が集まりますが、トータルで見れば、個人で活動しているタレントの配信数やギフティングの方が、圧倒的にボリュームが大きいです。モデルや歌手になりたい一般の男女が一生懸命な姿を配信することでファンがつくようになるのです。そこが「SHOWROOM」の面白いところですね。

「濃いファン」がつく機能を装備

—さまざまな動画配信サービスがある中で、「SHOWROOM」がこれほどユーザーから支持されているポイントは、どこにあるのでしょうか。

一言で言うと、演者さんとファンとの「エンゲージメントの濃さ」を生み出す仕組みを確立しているからだと思います。YouTubeやInstagramは、人気が出てインフルエンサーと呼べる存在になるまでに時間がかかります。その点「SHOWROOM」は、最初から演者さんへの応援を加速させる仕組みなので、濃いファンがつくのがすごく早いです。

さらに「SHOWROOM」で人気を集めているのが、大小さまざまなイベントです。例えば、主婦と生活社と組んで「JUNON」のコンテストを盛り上げる公式アンバサダーを選んだり、ハリウッド映画の吹替版キャストを選んだりする企画が開催されています。一緒に何かを達成することで、演者さんとファンとの間に一体感が生まれるのです。

—ファンが一緒に盛り上がれる仕組みが随所にあるわけですね。

はい。オリジナルのアバターも特徴的です。例えば、ファンが着ているアバターは演者さんがデザインしてファンに配ったものです。ファンからすると、それが演者さんとの絆になります。

演者さんとファンがチャットでやり取りできる「ファンルーム」機能や、ギフティングに対してお礼のメッセージが直接、届く機能もあります。そうした要素が組み合わさることで、エンゲージメントの深さが増していくと考えています。

次ページ 「成長を支える2つのエンジニア組織とは?」へ続く



お問い合わせ
SHOWROOMを一緒に盛り上げる仲間を募集しています。興味のある方はこちらをご覧ください。

SHOWROOM株式会社
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル2F
URL:http://showroom.co.jp/

Follow Us