大広が「気持センシングラボ」プロジェクトを3社と共同で発足

share

大広はSOOTH、ジーニー、ヒトクセの3社と共同で、脳波などのセンシングデータを企業のマーケティングに活用する研究プロジェクト「気持センシングラボ」を立ち上げた。産業界においてセンシングデータが注目されている中、その活用可能性を検証することを主な目的にしている。

第1弾として、脳波データを活用した「動画マーケティング」プロジェクトがスタート。本プロジェクトでは、参画する4社それぞれの得意領域を持ち寄ることで、制作・配信・運用の3つのフェーズで、動画により誘発された気持ちが生活者の行動に、どのような影響を与えるのかを実験・研究し、最適なソリューションの開発・提供を目指したいとしている。

具体的には従来からあるオンライン上の行動データに、動画視聴時の視線や表情、脳波等をセンシングし、無意識下の気持ちを感情データとして組み合わせることで、より受容しやすく、心地よく視聴される動画の制作や配信の方法を検証していく予定だという。

Follow Us