ACCイノベーション部門グランプリに、皮膚に貼れる伸縮自在なスキンディスプレイ「スキンエレクトロニクス」

share

全日本シーエム放送連盟(ACC)は9月10日に、「2018 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」クリエイティブイノベーション部門の最終公開プレゼンテーション審査会(以下、最終審査会)を、DMMグループ 六本木新オフィス イベントスペースにて開催し、総務大臣賞/ACCグランプリほか各賞を決定した。

本部門は、未来を創り出す、世の中を動かす可能性のあるアイデアとテクノロジーとの掛け算で産み出された「プロダクト&サービス」と、「プロトタイプ」を対象とした部門で、今年は54本の応募があった。

当日は2次審査を通過した9チームによるプレゼンテーションを実施。各チームがそれぞれ用意した映像や、実機を用いたデモンストレーションを交えての作品説明および、審査委員との活発な質疑応答が繰り広げられた。

その結果、最高賞である総務大臣賞/ACCグランプリには、東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻染谷研究室・大日本印刷・太陽企画が手がけた「スキンエレクトロニクス」が選ばれた。

「スキンエレクトロニクス」は、皮膚上に貼り付けることができる薄型で伸縮自在なスキンディスプレイ。スキンセンサーとスキンディスプレイを一体化したシステムで、子供や高齢者の情報のアクセシビリティを向上し、在宅ヘルスケアなど多用途への応用が期待されるという。

東京大学教授でソニーコンピュータサイエンス研究所副所長の暦本純一審査委員長は、グランプリ受賞作品について次のように語っている。「まさにオンリーワン、世界でもここにしかないという技術。ただそれだけではなく、“あれに使えるかな”、“こうしてはどうか?”など、話がどんどん広がってアイデアが湧いてきます。

大事なのは自己満足のテクノロジーではなく、それらの相乗効果や、使い方や応用の輪が広がっていくイメージができること。一つひとつの作品もすばらしいけれど、そういうふうに広がっていくというのが‟イノベーション”だと思うので、そのきっかけとなり、種を撒いていただけたところもすばらしかったです」。

ACCゴールドにはSIX/博報堂プロダクツが手掛けた「COTODAMA – Lyric Sync Technology -」が選出されたほか、ACCシルバー、ACCブロンズの各賞が決定した。

入賞作品は以下の通り。

■クリエイティブイノベーション部門 入賞作品

【総務大臣賞/ACCグランプリ】
スキンエレクトロニクス
カテゴリー:プロトタイプ
東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻染谷研究室/大日本印刷/太陽企画

【ACCゴールド】
COTODAMA – Lyric Sync Technology –
カテゴリー:プロダクト&サービス
SIX/博報堂プロダクツ

【ACCシルバー】
Qoobo(クーボ)
カテゴリー: プロダクト&サービス
博報堂/ユカイ工学/ピラミッドフィルム

ビリビリエイリアンパニック
カテゴリー: プロダクト&サービス
ジャパンパーク&リゾート/博報堂/アノラボ/invisible designs lab

歩行補助装置RE-Gait
カテゴリー: プロダクト&サービス
スペース・バイオ・ラボラトリーズ/早稲田大学/オリジン

【ACCブロンズ】
FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION
-別れの物語展-における音声ARシステム
カテゴリー: プロダクト&サービス
電通ライブ/バスキュール

データとテクノロジーを活用した
アウトドアドライブの需要創造「雲海出現NAVI」
カテゴリー: プロダクト&サービス
博報堂/博報堂アイ・スタジオ/AID-DCC/ロボット

TiCA(Trans-interactive Communication Agent)
カテゴリー: プロトタイプ
電通国際情報サービス/東京大学大学院学際情報学府

Fusion
カテゴリー: プロトタイプ
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科/東京大学先端科学技術研究センター

Follow Us