コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

自分のことが分かってきて役に流されなくなった(ゲスト:杉咲花)【後編】

share

【前回コラム】「クレームが来るほど「良いCM」?Cook Do®のCM裏話(ゲスト:杉咲花)【前編】」はこちら

今週のゲストは先週に引き続き、女優の杉咲花さん。大河ドラマ、ラジオ、大好きなごはんのことなど、価値観の変化も含めて語ってもらいました。

今回の登場人物紹介

左から、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、杉咲花、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は4月21日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

大河ドラマの撮影は他のドラマと違う?

権八:花ちゃんは今、NHKの大河ドラマ『いだてん』に出てらっしゃいますけど、かつては朝ドラ『とと姉ちゃん』にも出ていて。大河の撮影は他のドラマと違うんですか?

杉咲:私が最初のほうにレギュラーで出させてもらっていたドラマ『夜行観覧車』もそうですけど、最初のほうはカメラがマルチというか何台もあって撮るのが普通だと思ってたんですけど、今のドラマの現場はカメラが1、2台で凄く少ないんですよ。映画の現場は1台が多いんですけど、ドラマも少なくなっていて。

澤本:それはNHKだから、大河だから少ないというわけじゃなくて、ドラマ自体がそうなってると?

杉咲:そうです。そうじゃない現場もあると思うんですけど、私が出た現場はそれが増えていて。「スイッチングをする方が減ってきている」と聞いて。でも大河の現場はカメラが5台以上あるんです。

権八:凄い!

杉咲:長回しを何回も撮るんです。それが新鮮で。

澤本:そうやって撮ってるんだ。

杉咲:感情が途切れないから私は集中しやすいです。ドキュメントを撮っているような感覚ですね。毎回このカットは誰が撮るとざっくりは決まってるんですけど、ガチガチではなくて毎回監督がモニターを見ながら「Aカメさんどこ撮って」と言っています。だから、自分が撮られているかどうかわからないんですよ。

澤本:長回しなんだね。『龍馬伝』をやってるときに福山くんが出ている撮影を見に行ったときがあるんだけど、やっぱり巨大なセットがNHKのスタジオにできていて、凄い長回しするのよ。監督も長回しの人なのかなと思ったけど、カメラ何台かで撮っていて。一連だよね。CMはセリフ1個ずつだったりするけど、こんなに長回しするんだと。

権八:どのぐらい長回すんですか?

杉咲:長回すときは5分、10分。

権八:えー、マジで。長っ!

杉咲:ありますね。あと全然カットかからないときも。最後のセリフ終わってるけど、まだまだ続けたり。大河の現場は本当に独特ですね。

権八:疲れて何テイクもできなくない?

杉咲:そうですね。体力的には私はともかく、中村勘九郎さんは走ったりするし、セリフ多いし、声も結構出すので、大変そうなんですけど、何テイクも撮ってますね。

権八:マジか(笑)。

澤本:セリフを間違えたりするじゃないですか。それは気にしないで進めないといけないんでしょ?

杉咲:そうですね。私は監督がカットというまでは極力続けるというのを決めてやってます。

澤本:たとえば最終的にOKになったものがもともとの脚本と違うセリフだったりすることも?

杉咲:ありますね。

澤本:それでいうと、完全に書いたセリフを求められてるんじゃなくて、全体の世界観の中で自分がどういう役割をするかを求められてるのかもね。

権八:そんな花ちゃんですけど、ドラマや映画以外にも、ラジオをやってますよね。聴いてると、お話するの好きそうですね。

杉咲:そうですね。お話は好きなんですけど、私自身話すのがあまりうまいとは思わないんです。説明も下手ですし。でもラジオは好きだったのでずっとやりたくて、音楽も好きというのもあって。

私は好きなものがあると、あぁ素敵だなという思いが自分の中だけではとどまらなくなって、人に教えたくなるんですよ。それが今、好きな曲として流せるのでうれしいです。あとは逆にリスナーさんから日曜日の朝にぴったりの曲を募集していて、知らない曲に出会って、好きになったりもします。ハッピーな連鎖が起こっているのがうれしくて、ラジオが楽しいです。

権八:日々、生きていて楽しそうですね。

杉咲:そうですか(笑)。楽しいですね。

お便りがくるにはどうすればいい?

澤本:ラジオはどういう内容をしゃべってるの?

杉咲:そのときにやっているドラマの話もしますし、私自身、音楽が本当に好きで、音楽が流したくてラジオをやりたかったというのもあって、リスナーさんからお題をいただいて、そこから連想できる曲を流したり、その思い出のエピソードを話したりします。あとは普通にリスナーさんの質問に答えたり。この前はロケをしてきたんですけど、お花見おにぎりラジオというのをやりまして。

権八:いいねえ(笑)。

杉咲:私がおにぎりを握ってきて、みんなで食べながら皇居の前を歩きながらロケして。

澤本:いいねえ(笑)。まず僕らの番組はお便り来ないよね。

杉咲:あー、でもそれで260回ってすごくないですか。

澤本:(笑)。「お便り募集してます」と言うんだよ。言っても来ない。

権八:花ちゃんはどういう風に募集かけてるんですか? コーナーをやったり?

杉咲:「やってほしいことがあれば教えてください」だったり、日曜日の朝に聴きたい曲も募集したり。あと、恋愛相談もしますし、就職のお話も。あと印象的だったのがサラリーマンのおじさまなんですけど、パンダが大好きで、いっぱいパンダのグッズを持ってるけど、一度も生のパンダを見たことがないんですよねと。それで私が「パンダかわいかったですよ」と言ったり(笑)。いろいろなお便りが来ますね。

権八:へー。じゃあ花ちゃんのラジオ聴いて勉強しましょう。

杉咲:いや勉強になるかわからないですけど。

澤本:朝だからね。朝気持ちいいじゃない。朝は別所哲也が「おはようモーニング」と言っても気持ちいいんだよ。

権八:何が言いたいんですか(笑)?

澤本:言う人によるってこと。僕ら同じこと言ってもよくないと思うよ。

杉咲:そんなことないですよ。私、学校の通学で首都高の交通情報を聞いてるのも好きでしたもん。それだけでラジオっていいなと思いました。

権八:首都高の交通情報は声がいいじゃないですか。あのお姉さんのね。

澤本:お姉さんも何人かしかいないじゃない。ニッポン放送だとこの人、TOKYO FMだとこの人と決まっていて、声今回違うんだと思ったり(笑)。あ、今日はお休みだなって。

権八:さすがですね(笑)。

澤本:気持ち悪いですね、ちょっと。

杉咲:そんなことないですよ。

権八:でも我々の番組も同じ日曜日だから。朝、花ちゃんのラジオを聴いて、夜に「すぐおわ」を聴いてもらうという。

杉咲:そうですよ。早起きで、夜更かしで。

権八:朝8時か。澤本さん早起きだからね。朝の人だから。

澤本:朝8時は1回起きて活動して、ちょっと眠くなってる頃かも。

杉咲:えー、凄いですね。何時に起きてるんですか?

澤本:5時台ですね。

杉咲:凄い。

澤本:威張ってるわけじゃなくて、起きちゃうんですよ。年齢が。

権八:え、昔から早起きですよ(笑)。若い頃から。

杉咲:私は休みが続くと、寝る時間は朝の5時で、起きるのは15時ぐらいです。ひどいですよね。

澤本:10時間寝てるってこと?

杉咲:そうです。休みはじめのときは23時に寝て、14時まで寝てたり。本当にひどいんですよ。

権八:凄い寝るね。

澤本:それ1周してるってことだ。

杉咲:16時半まで寝てたこともあります。びっくりしましたね、そのときは(笑)。

澤本:でも寝れるって健康らしいよ。

次ページ 「じつはお酒が結構好き」へ続く

じつはお酒が結構好き

権八:オフのときは何をしてるんですか?

杉咲:家にこもることが多かったんですけど、最近は散歩してます。

権八:どこを歩くの?

杉咲:近所です。あとは表参道が好きです。

権八:表参道はなんで好きなんですか?お店があるから?

杉咲:そうですね、好きなお店があったり、人は多いし都会なんですけど、流れる空気がとても温かくて、ちょっと余裕を感じるというか。原宿に近いところは人も多いんですけど、もうちょっと奥に行ったり、骨董通りのほうも好きなんですよ。

澤本:権八、喜んじゃうね。

権八:いやいや(笑)。うちの事務所が骨董通りにあるんですよ。あのへんにいるんだ。

杉咲:います。銀杏並木も好きです。

権八:外苑のほうの。あのへんにいるんですね。

杉咲:いますね(笑)。

澤本:ポケモンじゃないんだから。

権八:お酒は飲むんですか?

杉咲:飲みます、ちょっとですが。じつはですね、二十歳になる1年前からおばあちゃんと一緒に梅酒を漬けたんですよ。これを二十歳の誕生日に家族みんなで乾杯しようということになって。それが最初のお酒だったんですけど、それがとってもおいしかったのがきっかけで梅酒は凄い好きで、よくソーダ割りで飲んでます。あとビールや白ワインも飲みますね。最近飲めるようになりました。

権八:ビールは苦くないですか?

杉咲:最初は苦いと思ったんですけど、これは飲んだときの喉のクッというのを楽しむものなのかと思って。おいしいと思うようになりました。冷たいときは。

権八:のど越しをね。冷たいときおいしいよね。

杉咲:冷たいうちに飲まないといけないんだなと思いました。

権八:なるほど。その次の壁として日本酒というジャンルがあるわけですよ。そこにこの御大がいます。

澤本:やめてよ~(笑)。

杉咲:よろしくお願いします。

澤本:あぁいえ、ぜひよろしくお願いします(笑)。

権八:花ちゃんは一緒に飲んだら楽しそうだよね。

杉咲:本当ですか。私、全然変わらないんですよ。

澤本:強いんだ。

杉咲:強いというか失敗したくなくて、多くても3杯しか飲んだことないです。でも3杯で朝5時までもつんですよ。

権八:ふわふわしたテンションでね(笑)。酔っぱらってないのに酔っぱらってる感じで。

杉咲:そうなんでしょうか(笑)。でも飲まなくても何時まででも楽しめますが。

権八:本当? 凄いな。でも若い子たちで飲んでるときに「ウェーイ、テキーラいぇー!」というのは?

杉咲:絶対嫌なんですよ。みんなはやってくださいですけど、私は絶対嫌なので。

権八:すみません、私もそういうことやめます。

一同:(笑)

杉咲:いえ、何かあったときに嫌ですから。記憶をなくしたり絶対したくないので。私は、ですけど。

権八:しっかりしてる、偉い。そりゃそうですよね。

澤本:ちゃんとしてるよね。発言と行動に責任感があるよね。

杉咲:そうでしょうかね。気を付けていきます(笑)。

権八:ぜひ一緒に飲んでみたいですね。何かあったらよろしくお願いします。

澤本:ちょっとしつこいかも(笑)。

権八:はい(笑)。

今秋公開の映画『楽園』

権八:では次の話題に。この秋公開の映画『楽園』。撮影はとっくに終わってますよね?

杉咲:終わりました。去年の9、10月ぐらいに撮ってましたね。

権八:これはどんな映画になりそうですか?

杉咲:この映画は吉田修一さん原作で、『犯罪小説集』という小説をもとに瀬々敬久監督が脚本と監督をされています。私は12年前に起こった犯罪事件で心に深い傷を負ってしまった、紡という役を演じさせていただいてます。その事件の犯人にされてしまった綾野剛さん演じる豪士と、ある集落の村八分となってしまって、そこから事件を起こしてしまう佐藤浩市さん演じる善次郎の3人の生きる姿を描いた映画となってます。

澤本:大人の映画だ。

杉咲:そうですね。私もまだ完成したものを見てないので、どんな感じなのかわからないんですけど。

澤本:吉田さんの映画って大人というか、『怒り』もそうだよね。

権八:面白そうですね。ずっしりきそうな。

杉咲:きます。やってるときも結構きましたね。

権八:毎日ヘビーな役で、お家帰ってきて引きずったりはしないんですか?

杉咲:最初のほうはありました。イライラしたり、引きずって落ち込んで暗くなったりして。でもそれだと迷惑をかけてしまってよくないと思って、そういうのがないように心掛けてます。難しいですけど。やっぱりその役の気持ちのままずっと過ごすほうが、切り替える作業がなくなるから演じるときは楽なんですけど……難しいですね。

澤本:それじゃあ切り替えてるってこと?

杉咲:切り替えようとしてます。

澤本:偉いね。

杉咲:できてるのかわからないですけど。

権八:でもよくそういうふうに言うじゃないですか。その役に入っちゃって、そのままその期間はそうなっちゃうと。凄いことですよね。それまでの自分の人格と変わっちゃうわけですよね?

杉咲:そうですね。価値観、好きなものが変わりますね。

権八:マジで。凄い。

杉咲:でもそういうのはなくなりました。そうなっていた時期は高校生、中学生で、精神がフワフワしてたというか、自分が何者なのかまだ今もわからないけど、もっとわからなかったので。だからこそ凄い流されちゃってたんだと思います。

権八:役に影響されるというか。

杉咲:そうですね。

次ページ 「最近ポジティブと言われることが増えた」へ続く

最近ポジティブと言われることが増えた

権八:今は何者かもうわかったんですか?

杉咲:いや、わかってはいないんですけど(笑)、前よりはちょっとわかったかもしれません。

権八:いやいやわかってますよ、俺よりわかってると思う(笑)。

杉咲:そうなんですか(笑)。そんなことはないと思います。

澤本:花ちゃんが自分ってこんな人だと思うとすると、どういう人ですか?

杉咲:えー、うーん、そうですね。自分はどういう人。

澤本:大きく言うと、明るい、暗いなど、いくつか分けられるじゃないですか。そうやって分けていくと、自分はだいたいどういう類の人だって。

杉咲:明るいと思います。明るいのと、自分はマイナスに捉えがちだと思ってたんですけど、ポジティブと言われることが最近増えました。うれしいんですよ。陽気だね、よく笑うねと言ってもらったり。私自身も明るくなったと思います。

澤本:明るくなった?

杉咲:もともとちょっと暗かったんですけど。今自分は明るいと思います。

権八:明るいし、おっしゃる通り、ポジティブシンキングだと思うし、それでいて気ぃ遣いなんですよ。

杉咲:そうですかね。

権八:そうです、とってもそうです。ちょっとしたしぐさ、目つき、話し方。

杉咲:えー、今日初対面なのに怖いですね(笑)。

権八:ガン見してるからね(笑)。僕らに対しても、スタッフに対しても、これを聴いてる人たちに対しても、ちゃんと気遣いができるというか。凄い気を遣っちゃうんだろうなと。いろいろ考えちゃうというか。それは優しいからだと思うんだけど。

澤本:一緒にその場にいた人は花ちゃんといたことで、空間を共有したことで楽しいし、幸せになってるんですよ、おそらく。

杉咲:本当ですか。それはうれしいですね。

澤本:でもそれって花ちゃんが気を遣ってくれていて、花ちゃんのある部分はすり減ってるかもしれないじゃないですか。無理なくやれているといいなと思うし。ものすごい気を遣ってもらってるんじゃないかなという気もするわけですよ。それぐらいにきちんとできてるから。

杉咲:きちんとは全然してないです。

澤本:僕ら、就職の面接してるおじさんたちのような(笑)。

権八:確かに(笑)。でもね、嫌な感じなくて、思った以上にあどけないというか。芝居を見てるとすっかり大人の女優かと思ったけど、じつはまだちょっとね?

杉咲:うれしいです。自分は子どもっぽいと思います。母親にも21歳なのにやばいよと言われますもん。

権八:やばくないよ。年相応だと思います。

杉咲:どっちでもうれしいです。

権八:そうだよね、どっちもあるもんね。無邪気な方面の良さもあるし、ちゃんと気遣いができて大人っぽい花ちゃんの良さもあるし。その振り幅がいいんじゃないんですかね。

おいしいごはんが食べたくて3食じゃ足りない!

権八:今後チャレンジしてみたいこと、興味をもってる分野は何かありますか?

杉咲:趣味でもいいんですか? 本当にごはんが好きなんですけど、お店、おいしいごはん屋さん詳しくないので詳しくなりたいんですよ。詳しくなりたいというか、いろいろなものを食べてみたくて。死ぬまでに食べたことないものをいっぱい食べて、おいしいといっぱい思いたくて。でも1回行って、おいしいなと思ったお店って何回も行っちゃうんですよね。

権八:わかる(笑)。

杉咲:それやってると全然広がらなくて、今もどかしいので、もっともっと、3食じゃ足りないというぐらい食べ尽くしたいですね。

澤本:それは国も超えて? 海外も行ったら際限ないじゃないですか。

杉咲:テレビや雑誌を見てウワーと思うことあるんですけど、とりあえず日本から。近所さえ行ったことないお店いっぱいあるぐらいですから。

澤本:そうですよね。はっしー紹介すればいいんじゃない。

杉咲:グルメの方ですか?

澤本:フォーリンデブはっしーという。

杉咲:あ、見てます! 食べログなど、はっしーさんの凄い見てます。

澤本:はっしーも何回かこの番組に出てもらって。

杉咲:デブリシャス。

澤本:デブリシャス。僕もたまに行ったりしてますけど。

権八:やっぱりお店教えてもらうと外れがないですよ。はっしーはさすがの選球眼。食いしん坊だから。

澤本:はっしーは「ここおいしいと言え」って言われておいしいと言うことをしない人なので。自分のお金でふらっと行って、そこで出てきたものを食べて決めるというから、ものすごい正しいと思いますよ。

権八:あと花ちゃんだと人目も気になるじゃないですか。そういうのもちゃんとケアしたアドバイスくれるからね、あいつは。動線、個室があるないなど。

杉咲:えー凄いですね。芸能人って感じですね。

権八:芸能人じゃないですか。

杉咲:いや私、全然気にしないです。絶対個室というのはないです。

権八:まぁでも個室じゃなきゃいけないときもあるから(笑)。

杉咲:個室で友達と会いたいときもありますし、あえて選ぶときもあるんですけど。

権八:そうですよね。というわけで、そろそろお別れの時間が近づいてきておりますが。

澤本:ドラマってもう今年は言えるものないんですか?

杉咲:今放送中の毎週日曜日放送のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』です。

澤本:それに賭けてると。

杉咲:はい、賭けてます(笑)。

権八:それとさっきお話に出ましたが。

杉咲:そうですね、今年の秋公開の映画『楽園』。ぜひ見ていただきたいのと……。

権八:はい、何と言っても。

杉咲:毎週日曜日朝8時放送のTOKYO FM「杉咲花のFlower TOKYO」、ぜひ聴いていただきたいです。

澤本:1個お願いしていい?

杉咲:はい。

澤本:日曜朝8時の冒頭の挨拶ってここでできます、今?

杉咲:はい。いいんですか? じゃあ失礼して。「時刻は8時を回りました。おはようございます、杉咲花です」。ひひっ(笑)。すみません。

権八:笑った、かわいい(笑)。

澤本:あぁ僕らは入り口からダメだわ。「みなさんこんばんは、CMプランナーの澤本です」って言ってるじゃない。「時刻は8時を回りました」って。

権八:なるほど、僕ら生まれ直したほうがいいですね。

杉咲:何でですか(笑)。

澤本:時刻は24時を回りました。

権八:どうなんですかね。いいのかな、それ(笑)。

<END>

Follow Us