コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

宇賀なつみさんがCMに出るなら、どんな役?(ゲスト:宇賀なつみ)【後編】

share

宇賀さんがCMに出るならばどんな役にする?

宇賀:もし私でやるとしたら、どういうものをつくれますか?

中村:良い質問きた!

澤本:役者をやるつもりはありますか?

宇賀:お芝居ということですか? 今は考えたことないです。

澤本:仮にソフトバンクのCMで白戸家に訪ねてくる人の役をやるとするじゃないですか。それはアナウンサーとして来たりはしないので、普通に芝居をしないといけないけど、それはやります?

宇賀:そうですね、そういうことになりますよね。

澤本:アナウンサーが来たよと、アナウンサーっぽくやるような話のつくり方もあるけど、それはさほど面白くないじゃない。そうじゃなくて場末のバーのママとか、そういうほうが。

宇賀:ソフトバンクのためならやりますよ。

澤本:それだったら本気でたぶん来ますよ(笑)。

宇賀:来ないです、来ないんですよ、それが本当に(笑)。

権八:いやいや来ると思うよ。ここで言うことによって、より多くの広告関係者にうわーっと広まって。宇賀ちゃん、広告の仕事欲しがってるらしいぞと。

宇賀:考えていただきたいんです、みなさんに。どういうのがいいですか?

権八:ギャップがあったほうがいいですよね。

澤本:あの宇賀さんが何々に、というのが1個面白いと思うし。たとえば、僕がつくったりする中で言うと、ドラマ系のものが多いので、この役をやったら面白いというのがいいですよね。場末のママだとそこそこ合っちゃうもんね、違うほうがいいよね。

権八:純愛してフラれて泣くとか。

澤本:コスプレ好きの人とか。

中村:宇賀さんわりとコスプレ好きですよね。ニュースキャスターのときも結構いろいろなところにロケに行って、コスプレしまくってましたよね。

宇賀:「川柳居酒屋なつみ」では割烹着でコスプレしてますけどね(笑)。

権八:アナウンサーの人って本当は演技できると思うんですけどね。本人がやりたいかどうか、やっていいと思ってるかどうかってだけで。なんか、私なんかおこがましいと思うでしょ。

宇賀:思います。

権八:たとえば恋人役でどうこうという話が来ても、え?って思うでしょ。でも絶対できると思いますよ。今までテレビでニュースを読んでた人がいきなりそれをやると、めっちゃ面白いから、跳ねますよね。

宇賀:何かつくってくださいよ、おしゃれな。(プシュッ)

中村:ストロングゼロをプシュッと開けながら(笑)。私も驚いたんですけど、テレビの向こうで見てる宇賀ちゃんとはちょっと違う、もっとはじけたというか、屈託ないというか。マーケット的に言うと、15秒、30秒のCMの中で普通にキャスターとして前半しゃべっていた宇賀ちゃんがじつは変身すると、こういう一面ももっていたみたいな。その落差をつくることができたら、世の中反応するんじゃないかなと。

澤本:そう思うよね。シンプルに考えると、宇賀さんがマイクをもって何かをしゃべるという役のほうがキャスティングしやすいじゃないですか。そういう風に出ているアナウンサーの方っていっぱいいるから、そうじゃなくて出たほうがいいと思うんだよね。

宇賀:マイクをもっていて変身するパターンは、具体的にスポンサーさんはどこのイメージですか?

澤本:凄いですね(笑)。

権八:レポーター役、ニュースキャスター役はいろいろな場面で出てきて、それこそサントリーさんのBOSSのCMでもよくありますよね。ニュースのシーンで。

澤本:でもさ、ニュースのシーンでレポーターの役をやってもらうのは普通すぎてつまらなくない? 違うほうがいいよね。

権八:そうそう。でも、どういう役がやりたいというのはないわけですよね?

宇賀:今回せっかくここに呼んでいただいたので、みなさんに聞いてみたかったんですよ。どう思うんだろうと。私の話ばかりしても面白くないじゃないですか。

権八:いやいや宇賀ちゃんの話しかしたくないんだけど(笑)。

宇賀:だって広告の話をする番組なんですよね。HPに書いてありましたよ。

権八:そんなことないよ(笑)。

次ページ 「言葉には力があるから愚痴や悪口は言わない」へ続く

Follow Us