優香とバカリズムの神戸弁 江崎グリコ「神戸ローストショコラ」新CM

share

江崎グリコは9月17日から、期間限定で神戸の景色が描かれたユニークな包装の「神戸ローストショコラ」の販売を開始。同商品のイメージキャラクターである優香とバカリズムが共演した新CMも、9月19日から全国でオンエアとなる。

パッケージ内側にもイラストが描かれており、裏返すと右写真のようにチョコや小物を入れられるバスケットになる

期間限定商品のパッケージイラストは、神戸芸術工科大学大学院卒で、アニメ映画『君の名は。』の背景美術も手がけた、マテウシュ・ウルバノヴィチ氏が担当。同イラストの制作には神戸にゆかりのある、ナガサワ文具センターの万年筆用インク「Kobe INK物語」が使用されている。ハーバーランドや明石海峡大橋、旧居留地など、神戸の名所の描かれたパッケージは全6種類。

「なぜ神戸(神戸弁ver.)」篇 30秒ver.

またCMは、昨年放映された「なぜ神戸」篇の映像に、優香とバカリズムが新たなセリフをアテレコするかたちで制作された。二人は厳しい方言指導を受け、人生初の神戸弁に挑戦。同商品の魅力を軽妙な神戸弁の掛け合いで伝えている。

なお同時期に、「なぜ神戸」篇の標準語バージョンもオンエアするため、神戸弁と標準語のニュアンスの違いを比較することができる。

「なぜ神戸(神戸弁 ver.)」篇 15秒・30秒

企画制作
電通関西支社+電通クリエーティブ X
CD
田中真輝
企画
桂啓太
PR
大賀遊、峯尾心
PM
柴恒一、神藤佑一
演出
森田淳子
撮影
田中創
照明
岸本秀一
美術
中村裕
ST
宇賀愛(優香)、高橋めぐみ(バカリズム)
HM
遊佐こころ(優香)、鈴木海希子(バカリズム)
音楽
山田勝也
AE
村岡明

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us