2世代玩具へと成長した、シルバニアファミリーにまつわる思いやストーリーを表現してほしい /BOVA2020(エポック社)

share

ブレーンが主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA2020」では、1月23日まで作品を募集している。プロ・アマ問わず、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする「一般公募部門」では、10月16日、23日、30日の3日間、協賛企業からのオリエンテーションを実施した。ここでは、そのダイジェストを紹介します。今回は、エポック社からの課題「『シルバニアファミリー』から得られる、感情や経験が伝わる動画」についてです。

 

世界70カ国以上で販売される愛らしい動物の家族

今回募集する動画のお題は、「シルバニアファミリーと一緒だと、どんな気持ち?」です。シルバニアファミリーで遊ぶことで得られる感情や、経験が伝わる動画を募集します。

弊社の代表商品といえるのが、来年で発売35周年を迎える「シルバニアファミリー」です。人間のように生活する動物の家族が、愛に満ちた生活を繰り広げるさまを具現化したシリーズで、現在では世界約70カ国以上で販売されるまでになりました。

以下にシルバニアファミリーの5つの特徴をご紹介します。

①人形のかわいらしさ:森で暮らす小動物を中心にした人形展開。フロッキー加工を施すことで、ぬくもりある感触が楽しめます。見る人の心情によって変化する表情と、手のひらに収まる心地いいサイズ感が特徴です。

②誰もが共感できる世界観とストーリー:「自然・ 家族・愛」をテーマに、動物たちは完全に擬人化され、料理をしたり掃除をしたりと、まるで人間のように生活できるように商品が展開されています。

③美しく細やかなデザイン:大人が見ても可愛らしく、末永く魅力を感じていただけるデザインになっています。キッチンのシンク内に水道管がついているなど、一つひとつの家具もリアルさを追求しました。

④コレクション性と発展性:家具やお店、人形などをバラバラに買い、好きなようにカスタマイズできます。家同士の組み合わせも可能なため、拡張性も高いです。

⑤家族と村の仲間たち:人形は家族単位で構成されているため、子どもたちはごっこ遊びを通じて社会性を身に着けることができます。

伝えたいのは、周りにある思い出やストーリー

メインターゲットは3歳~8歳の女の子ですが、今回はYouTubeを見る親御さんや、今後親となっていく世代へのアプローチをねらっています。

シルバニアファミリーの課題は、流行りものの玩具と比べた時に新しさがなかなか伝わりにくいこと。今回はそこを解消する動画をつくっていただきたいと思います。

たとえば親御さんの声でよくあるのが「昔自分が遊んでいたシルバニアファミリーで、子どもと遊びたかった」というもの。そこにあるのは、周りにある思い出やストーリーも含めて子どもたちに手渡したいという気持ちです。そんな、「モノ」ではなく「コト」に関する部分を訴求してほしいと思います。

今回、動画の制作にあたって貸し出し可能な商品を2種類用意しました。Aセットは初めてシルバニアファミリーで遊ぶお子さまに。基本の人形と家具がセットになったオールインワンタイプです。Bセットはシルバニアファミリーらしい世界観が表現されたセット。赤い屋根の大きなお家と家具セット、ショコラウサギのファミリーが入っています。詳しくはBOVA事務局までお問い合わせください。

動画の最初か最後に、シルバニアファミリーのロゴを入れてください。また、お子さまにとってできるだけポジティブな内容を心がけてください。動画の使用に関しては、YouTubeや店頭モニターでの配信を考えています。世界中で愛されるブランドのため、海外で配信されても伝わるような表現を意識してもらえると嬉しいです。

BOVA2020一般公募部門の詳細・ご応募はこちらから

Follow Us