今年は「至高の生」 ブラックサンダー「義理チョコショップ」

share

有楽製菓が製造販売する「ブラックサンダー」は、1月31日から2月17日にかけ、東京駅八重洲口直結の「東京駅一番街」で「ブラックサンダー義理チョコショップ」を開店する。

昨年に続き6度目の開催となる今回の目玉は、1箱2本入りの「至高の生ブラックサンダー」(3000円、税抜)。例年同ショップで販売されていた「生ブラックサンダー」の最新版で、2019年に同商品をクラウドファンディングで先行販売したところ、4時間で500セットが完売。その結果から今回の発売に踏み切った。

有楽製菓 マーケティング戦略部 コミュニケーション戦略課課長 加藤武史氏は「ブラックサンダーは19年で発売25周年を迎えました。記念すべき年に特別な商品をつくりたいと考え、できあがったのが『至高の生ブラックサンダー』です。実は当初、今年は出店の予定はなかったのですが、クラウドファンディングでの反響や再販のお問い合わせを多数いただいたことから開催する運びになりました。そのため、前回より店舗面積を縮小し、ワゴンでの販売となっています」と話す。

ミルクチョコレートと、フランス産ミルクを配合したホワイトチョコ、北海道産生クリームによるガナッシュを使用。ガーナ産とトリニダード・トバゴ産の異なるカカオを用いたチョコレートでコーティング。アクセントにブランデーを使用している。

ターゲット層は既存顧客のほか、商品名を知っていても購入したことのない人、昔買っていたけど買わなくなってしまった人、特別な商品を購入したい人に設定した。

昨年は「ブラックサンダー雷神風濃口しょうゆ味」を発売し、「バレンタインを司る宇宙人」などのWebコンテンツも話題になったが、「今年はストーリー性よりも、ストレートに味で勝負したい。ブラックサンダーへのニーズは、面白いコンテンツよりも、実は味にあると考えています」と加藤氏。

「これまで『義理チョコ』という文化を発信することで、バレンタインを通じてお客さまとコミュニケーションをとってこれたと考えています。来年以降もファンの方により楽しんでいただけるよう、取り組んでいきます」(加藤氏)。

会場は東京キャラクターストリート(付近)F階段下ストリートワゴン。「至高の生ブラックサンダー」の販売数は現状未定としている。会場では「京都ブラックサンダー」「東京ブラックサンダー」「ブラックサンダー義理チョコBOX」なども販売予定だ。

「義理チョコショップ」店舗イメージ

Follow Us