コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

今までのすべてを1回崩してレッスンに励んだ20代(ゲスト:桜井ユキ)【後編】

share

【前回コラム】「“遅咲き女優”という意識はなかった(ゲスト:桜井ユキ)【前編】」はこちら

今週のゲストは、先週に引き続き、女優の桜井ユキさん。数々の作品で好演を見せる彼女の原点は“地獄”のようなレッスンにあった!?

今回の登場人物紹介

左から、桜井ユキ、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)。

※本記事は11月10日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

NHKの30分尺ドラマがアツい!!

澤本:僕は桜井さんを元々チェックしていたんだけど、一番すごいと思ったのは毎週土曜に放送している『だから私は推しました』(2019、NHK)。土曜日に放送しているドラマは最近大体面白いと思っているんだけど、『だから私は推しました』は特に面白かったですね。

桜井:いやー、嬉しいですね。私も演じていて楽しかったですね。

澤本:アイドルにハマるお話だけど。元々アイドルとかって興味あるんですか?

桜井:今まで自分が音楽を聴いていく中でノータッチだったジャンルで。アイドルの方たちやオタクと呼ばれる方たちとの接点もなかったです。

澤本:話として、僕がドラマを説明するのもなんですけど……推しアイドルがいるんですよね。普通のOLの方に。

権八:アイドルがひょんなことから好きになってしまって。

澤本:はまっていって。

権八:要所、要所でちょっと勇気を出して推している子たちの服、Tシャツ、トレーナーを着て、イベントに行くシーンのとことか。感動的なシーンだろうなと思いながら観てました。

桜井:いえいえ、ありがとうございます。

権八:あとお友だちと喧嘩するところをちょこちょこ観ていました。

澤本:アイドル役の白石聖ちゃんも上手いからものすごく面白いんだよね。

権八:アイドル側とOL側の交流&ぶつかり合いはすごく面白かった。

中村:話題作でしたね。

澤本:最近NHKの30分尺のドラマを観るのがすごい楽しみで。

桜井:すごく観やすいですよね。

中村:日テレでも実験的なやつやっていますよね。

権八:2話連続で放送しているやつ。『俺の話は長い』(2019)だっけ。

澤本:あれも面白いよ。今30分ドラマに凝ってる。凝ってるって言えるほどは観ていないけど(笑)。

権八:いやいや、流石。ご自身の映画公開も控えていますからね。

澤本:あれは30分で終わらないよ。

中村:桜井さんは、『だから私は推しました』とか最近すごく話題作に出演されているんだけど、昔からお顔は見ている印象がすごくあって。例えばテレビCMに結構出ていますよね?

桜井:CMはちょくちょく出させていただいていますね。

権八:僕ね、マスターカード。

桜井:あー!マスターカードは2018年ですかね。

権八:結構長尺60秒ぐらいのCMですよ。その印象がすごくあります。それもよいストーリーで。上手く説明できないけど、サプライズみたいなの。

桜井:はい、そうですね。結婚が決まった娘が両親を旅行に連れて行くんです。そこで「あなた結婚しても頑張るのよ」って両親からの言葉から、まさかの旦那さんがサプライズで登場するというストーリー。すごく素敵な内容でしたね。

権八:顔ももちろん綺麗なんだけど、印象に残るというか。

桜井:本当ですか。嬉しいです。

次ページ 「思考が止まるくらいのハードな作品」へ続く

Follow Us