カンヌライオンズ、新型コロナウィルスの影響で10月開催の可能性も

share

「Cannes Lions International Festival of Creativity」(以下、カンヌライオンズ)は、新型コロナウィルスによる世界的な状況の変化を踏まえて、フェスティバル開催の新たな計画を発表した。

カンヌライオンズは現状、フランスのカンヌで6月22〜26日にフェスティバルを予定どおり開催する考え。しかし、今後の状況の変化により6月からイベントを延期する必要がある場合、その代替え日として2020年10月26〜30日に開催する計画だ。10月になった場合、すべてのパス、スポンサーシップ、および予約はそのまま有効になる。

フランスでは2020年4月15日まで、1000人を超える集会などが禁止されている。カンヌライオンズでは、その時までに6月開催か、10月開催かを決定するという。

カンヌライオンズのマネージングディレクターであるサイモン・クックは「関係者全員の安全は私たちの最優先事項」として、次のようにコメントしている。「私たちの計画は6月22日開催のカンヌライオンズに向けてすべて予定どおりに進行している。ただし世界的な状況は常に変化しているため、緊急時の対応計画についてはオープンにしていきたいと考えている。顧客やパートナーと相談し、必要に応じて柔軟な措置を講じて準備していく」。

Follow Us