「ハンコを押すために出社した。」テレワークの課題をシンプルに表現したSmartHRのOOH

share

JRや東京メトロで掲出されている「ハンコを押すために出社した。」というコピーの広告が、SNSなどで話題になっている。テレワークが導入されているが、出社しなくてはいけない理由のあるあるを表現した。この広告を出稿したのは、クラウド人事労務ソフトを手掛けるSmartHRだ。

JRで掲出された広告

この企画は、リモートワークが推奨される今、SmartHRが力になれるのではと、同社の社員が考案。3月6日に作成を開始し、4月12日から掲出された。

広告の掲出開始時期と、緊急事態宣言のタイミングが重なり、インパクトが増したのか、「共感した」「ハッとした」「一本とられた」など、SNSで大きな反響が寄せられている。

「『ハンコ』や『紙』が当たり前になっている業務を見直して欲しいという意図を込めました。一方で、緊急事態宣言で通勤を余儀なくされる方にもう少し配慮した表現ができたかもしれないという思いがあります。より社会情勢に配慮しつつ、『これまでの当たり前』に疑問を投げかけるメッセージを引き続き届けていきたいと思います」とSmartHRはコメントしている。

スタッフリスト

企画制作
SmartHR
CD+C
荒木彰
AD+D
金森央篤

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us