車のナンバープレートがなぜ広告に?全国7駅に「日本ナンバー」のOOH

share

「新車市場」「100円レンタカー」などを全国に展開し、自動車リース業を営むカーベルが、7月27日から品川・大阪・名古屋・博多・仙台・札幌・大宮の全国7駅に順次OOHを掲出する。広告では、本来は居住地域名を冠する自動車のナンバープレートを「日本ナンバー」としたビジュアルを用いた。県境を越えた移動に対する不安から生じる誹謗中傷などの行為に対して、結束し乗り越えていこうというメッセージを発信する。

カーベルが掲出したのは、車のナンバープレートを都市・地域名部分を「日本」に変更したビジュアルの広告。背景には、新型コロナウイルスの感染拡大への不安や心配からくる「県外ナンバー狩り」などの社会問題がある。

各都道府県が新型コロナウイルス対策の一環として、県境をまたいでの不要不急の移動を自粛するように促している。一方で、通勤や通院などやむを得ない理由で、県境をまたいで移動しなければならない人もいる。

そこで、プロレスラーとしても活躍するという異色の経歴を持つ、カーベル 代表取締役 伊藤一正氏は、「今やるべきことは、冷静な判断で“日本というワンチーム”になって前進すること。今回のメッセージを一人でも多くの人に観ていただき、困難な状況を乗り越えていきたい」と考え、掲出を決めたという。

OOHは、7月27日より品川・大阪・名古屋・博多・仙台・札幌・大宮の全国7駅に順次掲出。「車には、大阪ナンバー、心には、日本ナンバーを。」など地域ごとに、一部コピーは変更している。

スタッフリスト

企画制作
フラグマン
CD
​山紘二
企画
​小川洋平
マーケティングPR
大西恭平
AD
山下貴弘
AE
​竹内翔

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us