三菱地所、ラグビー協賛新スローガン「GO WITH JAPAN」を策定、広告展開開始

share

三菱地所は、ラグビー協賛活動のスローガン「GO WITH JAPAN」を新たに掲げた。テレビCM「企業広告『ラグビー日本代表』ONE TEAM篇」をはじめとする広告も制作し、テレビCMは7月29日より放送を開始している。

新スローガン“GO WITH JAPAN”とそのロゴ

昨年「ラグビーワールドカップ2019™️日本大会」のオフィシャルスポンサーを務めた三菱地所は、今年4月1日よりラグビー日本代表のオフィシャルスポンサーとなり新たなスタートをきった。それにともない、新たにスローガン・ロゴを掲げた。

スローガン、“GO WITH JAPAN”に込めたのは、「ラグビー日本代表と共に進み、社会を元気にしていく」という想いと、「日本中のみんなが、ラグビー日本代表と共に進もう」という想い。そして、色の異なる複数のパーツがひとつに組み合わさったロゴで、共にスクラムを組んで前進していく意志を表現している。

企画を担当した電通 田端都望氏は、「アスリートたちも、私たちも、1年前からは想像し得なかった時代を生きています『ONE TEAM』という言葉が活きてくるのは、苦しいとき。みんなで一緒に一歩ずつ進んでいけたら、との想いを込めました」と話す。

テレビCMでは、新進気鋭のバンド、the engy(ジ・エンギー)の書き下ろし楽曲に乗せて、フィールド上で闘うラグビー日本代表の選手たちの映像が映し出される。激しくスクラムでぶつかり、華麗なランや巧みなパス回しを披露。観客の声援はやがて赤い羽ばたきとなり、トライを目指す選手たちの背中を押す力になる。

企業広告「ラグビー日本代表」ONE TEAM篇

 

そして、登場するのは「ONE TEAMを、流行語で終わらせるな。」というコピー。グラフィックにも使われているこの言葉で、これからもラグビー日本代表の活躍を応援するとともに、チームプレーで街づくりに挑む同社の姿勢を表現した。

また、8月1日からはラグビーのトリビアで構成したラジオCM「プロップ」篇、「トライ」篇、「桜」篇も放送予定だ。

スタッフリスト

企画制作
電通+AOI Pro.
ECD
田島恵司
CD
郡司音
企画
田端都望、平澤巧
AD
原田祥貴
CPR
杉田澄名
PR
高橋伸也、神﨑智弘
PM
奥田麻理乃
演出
隈本遼平
アニメ
ガレージフィルム
音楽プロダクション
愛印
音楽
the engy
NA
隈本遼平

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us