AIで指名手配被疑者の現在を予測 ヤフーと電通デジタル、PARTYの新プロジェクト

share

ヤフーと電通デジタル、PARTYは9月30日、警察庁から写真や情報提供の協力を受け、指名手配被疑者の過去の写真から現在の姿を予測するプロジェクト「TEHAI(手配)」を開始した。

11月1日から同30日にかけての指名手配被疑者捜査強化月間に合わせた、認知の拡大や情報提供の促進が目的。画像解析や生成技術においてAIを活用する。

プロジェクトにおいて、ヤフーは広告枠・サーバーの提供やサイト実装を、電通デジタルは企画制作、アートディレクション、AI開発を、PARTYはクリエイティブディレクション・技術協力・AI画像生成の一部をそれぞれ担当した。

特設サイトでは、2020年8月末時点の指名手配被疑者のなかで、警察庁指定重要指名手配被疑者12人のうち5人の現在の姿を予測し、イメージを公開。被疑者の顔をクリックすると、AIによるシミュレーションと体型変化を加味し、さらに9パターンのイメージを閲覧できる。

「TEHAI」特設Webサイトイメージ。

情報提供ボタンから迅速な連絡ができるほか、5人とも有力な情報提供者に対して報酬金が用意されているという。

YouTubeでコンセプト動画を公開したほか、全国の主要都市の警察署や交番に、合計1万枚のポスターを配布した。

コンセプト動画「TEHAI AIで指名手配被疑者の今の姿を予測する」。

全国の主要都市の警察署や交番に、合計1万枚配布したポスター。

警察庁 刑事局刑事企画課長 重松弘教氏はプロジェクトの実施経緯について「全国の指名手配被疑者は、8月末日現在で約630人で、全体の3割弱が手配から10年以上経過しています。これまで警察庁及び各都道府県警察のホームページやポスターなどで情報提供を呼びかけてきましたが、手配写真が古く、より効果的な広報活動の在り方について検討していました。そんな中で、AI技術を用いて被疑者の現在の姿を予測するシステムを提案いただきました」と説明。

TEHAIのプロジェクトチームは「AI技術を駆使して画像生成することで、“予測”の幅を拡げることにチャレンジしています。今回の取り組みにより、ユーザーからの情報提供などで指名手配被疑者捜査の一助になることを願うとともに、より多くの領域でテクノロジー・AI活用が推進される契機になれば幸いです」とコメントした。

TEHAIの実施期間は12月31日まで。

スタッフリスト

シニアマネージャー
秦俊輔
ECD
中村洋基
CD
森友佑
C
廣瀬大
AD
大久保里美
動画D
前多利哉
D
黒羽晃大
CPR
柴田亜希奈
PR
大田一暢
プロジェクトマネージャー
若林慧
ディレクター
最勝健太郎
クリエーティブテクノロジスト
石川隆一、根之木颯亮
FE
高田健介
リサーチエンジニア
宮本優一
PRプロデューサー
村山聡一
PRプランナー
杉原冴樹、大竹歩

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us