サントリーHD 組織改編、役員人事(3月1日付、同下旬付、4月1日付)

share

サントリーホールディングスはグループ各社の組織変更を行う。サントリービールのマーケティング本部長(現行)の和田龍夫執行役員は、4月1日付で、サントリー食品インターナショナルのコミュニケーション本部長に着任する。サントリービールのマーケティング本部長兼宣伝部長にはサントリー酒類の田中嗣浩氏が就く。

改組(3月1日付、抜粋)

サントリーホールディングス
「経済情報室」を「経済情報統括部」に改組する。国内外の経済、政治動向に関する情報を収集、活用し、行政機関や経済団体とのネットワークの強化、グローバルな動向に関する情報収集の拡充を図る。

サントリーウエルネス株式会社の改組
「システムFF(フルフィルメント)部」を「DX推進部」に改組する。デジタルトランスフォーメーション(DX)推進の役割を明確にし、顧客情報を踏まえたマーケティングを強化する。

改組(4月1日付、抜粋)

サントリーホールディングス
「CSR推進部」からバレーボールチームとラグビーチームを独立させ、「スポーツ事業推進部」を新設する。スポーツ活動の取組み強化を図る。

サントリービール
マーケティング本部に「イノベーション部」を新設する。消費者視点でのイノベーションの推進、新たな価値創造を通じて競争力を強化する。

サントリー酒類
「経営企画部」を「営業推進本部」に新設。国内酒類営業における経営のスピード・実行力向上が狙い。
「企画部」を「EC営業本部」に新設する。Eコマースに特化したマーケティング、マーチャンダイジングの開発・推進を担う。

サントリーシステムテクノロジー
「デジタルサービス部」を新設し、「ビジネスサービス部」内のデジタルマーケティング、データ分析、B to Cシステム開発運用機能を移管する。消費者起点のDXの実行機能を強化する。

サントリービバレッジソリューション
「事業基盤イノベーション本部」を廃止。自販機事業の機材およびシステムの開発と運営、デジタルマーケティング開発の効率化、最適化を図るため、その機能を株式会社サンベンドの「事業推進本部」に移管する。

サントリープロダクツ
「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」を新設。ミネラルウォーター事業が伸長しているため、「サントリー天然水」安定供給を目指す。

役員人事(3月下旬付、抜粋)

サントリーホールディングス
執行役員デジタル本部長 室元隆志(DX戦略部長)

サントリービール
執行役員マーケティング本部長兼宣伝部長 田中嗣浩(サントリー酒類 近畿営業本部 営業企画部長兼サントリーホールディングス関西担当)

役員人事(4月1日付、抜粋)

サントリー食品インターナショナル
取締役専務執行役員ジャパン事業本部長、クロスリージョン開発推進部管掌 木村穣介(ジャパン事業本部コミュニケーション本部長)
執行役員ジャパン事業本部コミュニケーション本部長 和田龍夫(サントリービール 執行役員マーケティング本部長)

※()内が旧役職名

Follow Us