ハッピーターン45周年、“しあわせ”と正面から向き合ったWebCMが公開

share

亀田製菓は5月27日、同社の展開する商品「ハッピーターン」の新WebCM『Happy Movie Project』篇をYouTube、ハッピーターンスペシャルサイト上で公開した。

今回公開したWebCMは、ハッピーターンの発売45周年を記念するSNSキャンペーン「みんなでつくる、WEB CM 『Happy Movie Project』」の一環で制作されたもの。今の時代に抱く“しあわせ”をInstagram、Twitter上に「しあわせとは、◯◯だ。」と投稿してもらうことで募集。投稿の中から選ばれた約100点の写真や動画をつなぎ合わせて、ひとつの動画をつくり上げている。SNSでの募集は4月20日~5月6日の間で行われた。

「ハッピーターン」の新WebCM『Happy Movie Project』篇。

「ハッピーターン」は、1976年に発売を開始したロングセラー商品。当時の日本は、第一次オイルショックの影響をうけ、不景気で暗い時代だったことから、当時の開発者たちは「幸せ(ハッピー)がお客さまに戻ってくる(ターン)」ようにと願いを込めて「ハッピーターン」と名付けたという。

その商品名の由来通り、応募投稿の中から選ばれたのは、家族と過ごす時間や自分の趣味など、それぞれの価値観で切り取られた“しあわせ”を感じられる投稿。「子どもと笑い合えること」「夫と同じ趣味を楽しめること」「愛犬が待っていること」など、社会や時代が変わっても変わらない、“しあわせ”を感じられる動画となっている。

また、同CMの楽曲にはミュージシャンの藤巻亮太さんが今回の企画のために書き下ろした新曲『花びらのメロディー』を使用。藤巻さん自身も“しあわせ”について思いを巡らせ制作したという楽曲が、動画をさらに盛り上げている。

亀田製菓の担当者は今回のキャンペーンについて、45周年の節目にハッピーターンが“しあわせ”と正面から向き合った企画だと話す。

「45年の間に大きく変化した社会の中で、みんなが抱く“しあわせ”の価値観はどう変わったのかを問いました。集まった声は、どこか懐かしい心温まるものが多く、自然と笑顔になるもので溢れていました。いまのこの時代だからこそ改めて強く感じた“しあわせ”の大切さ。これまでも、これからも、みんなに“しあわせ”がもどってくる一助となり、日本中に“しあわせ”がひろがってほしい、という思いのもと、制作されました」と続けた。

今の時代に抱く“しあわせ”をSNS上で募集。投稿の中から選ばれた約100点の写真や動画をつなぎ合わせて動画を制作した。

スタッフリスト

企画制作
ADKマーケティング・ソリューションズ+ADKクリエイティブ・ワン+xpd
CD+企画
玉川健司
企画+C
林正人
企画
菅野卓総
Pr
磯拓馬
PM
藤廣真矢、池上一希
演出
三本菅悠
撮影
田中亮
照明
三浦大輔
音楽
藤巻亮太
ST+HM
藤廣真矢
PRプランナー
菅野卓総、梶原祐彰、斎藤友理子
AE
松川篤士、青山正和
Promo
福田大剛

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us