hydeも企画に参加、L’Arc-en-Ciel30周年記念の新聞広告「虹を架けよう。何度でも。」

share

2021年2月に結成30周年を迎えたロックバンドL’Arc-en-Ciel(以下 ラルク)が、5月29日、5月30日の2日間にわたり記念公演「30th L’Anniversary Starting Live “L’APPY BIRTHDAY!”」を開催。その翌日でもあり、新曲「ミライ」の発売日となる5月31日に、ラルクは読売新聞に新聞広告を出稿した。

15段広告の表と裏に描かれたのは、青い空を思わせるビジュアルと7色のグラデーションのライン。青空を思わせるビジュアルには楽曲「虹」のセリフ、7色のグラデーションのビジュアルには「ミライ」の歌詞の一部、どちらの面にも記号のようなものが掲載されている。

そして、青い空の新聞の片隅には「この面を表にして空にかざせ」というメッセージが。

その言葉に従って空にかざすと、空にかかる美しい虹と「虹を架けよう。何度でも。」というメッセージが浮かびあがる。虹はバンド名の由来であると同時に、活動の節目に歌われる曲『虹』を象徴している。

「ずっと前からそこにあって、光の先に現れる大切なもの。そんな虹と空の関係にフォーカスした企画です。1997年リリースの『虹』の歌詞に言葉を重ねて、何度でも希望をチャージできる広告を目指しました。少なくとも紙面を空にかざしてる間は、みんな上を向いていたのでは」と、コピーライター 川田琢磨さん。

ファンが喜ぶものにするのはもちろん、それ以外の人にも届けたいという思いのもと、超ラルクファンと普通に知っているというメンバーで構成されたチームで企画された。そしてその過程では、ラルクのメンバーも企画にコメントし、その意見を取り入れて制作されたという。

「ちなみに、ボディコピーに『虹』の歌詞を使ってはどうかというのは、hydeさんのアイデアでした。透かすと意味が変わるボディコピーというコアアイデアが、hydeさんとのセッションでどんどん進化していき、色んな意味で二度と書けないコピーになった気がします」(川田さん)。

青い空と虹を重ねたデザインは、タイプの違う2人のアートディレクター 碓井達朗さん、河野智さんが手がけた。「このメッセージが前向きに伝わるように。空を見上げるという‟行動“と、紙面上での‟表現”をいったりきたりしながらデザインしました」。

当日、新聞の発行と共に、ファンはもちろん、ファンを超えて話題は拡がった。一日でラルクに関する投稿は65000件、読売新聞のツイートは1.3万いいね、6000リツイートがあったという。また、新聞を撮影したファンのツイートは2.6万いいね、1.2万リツイートと、多数の経路での話題化がなされたという。

ラルク30周年はここから始まり、今後も新たなる企画を仕掛けていく考えだ。

スタッフリスト

企画制作
電通+J.C.SPARK
CD
尾上永晃
C
川田琢磨、hyde
AD
碓井達朗、河野智
企画
宮崎誠也、澤田悠太、秋山玄樹
D
山口直樹、山本優衣
デザインPr
今若琴音
撮影
高梨遼平
フォトアシスタント
川井一歩
CG
松岡健次郎
レタッチ
津金卓也
PM
滝沢ゆり
フォトPr
池田了
プリントPr
田村研二
AP
壬生基敦、倉澤誠
アドバイザー
佐口宏、松井輝

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us