宮沢りえが34年ぶり白鳥麗子役で出演「三井のリハウス」新テレビCMで母親に

share

三井不動産リアルティは、6月4日から不動産仲介サービスブランド「三井のリハウス」の新テレビCM「リハウスって何?」篇、「家を売るって大変?」篇の放送を開始した。34年ぶりに宮沢りえが出演し、母親となった「白鳥麗子」が登場。また、「リハウスって何?」篇では、現在と34年前の白鳥麗子の共演が実現している。

三井不動産リアルティ/三井のリハウス「リハウスって何?」篇

「今度、朝日ヶ丘にリハウスして来ました、白鳥麗子です」という、宮沢りえ(当時14歳)の挨拶が印象的なテレビCMが放映されたのは、1987年のこと。バイオリンの練習風景や友人と学校生活を楽しむ少女の成長する姿が注目を集めた。

今回のCMは、それから34年が経過し、母親となった白鳥麗子が“住みかえ”をして、当時住んでいた街(朝日ヶ丘)に戻ってきたという設定。「リハウスしよう」のメッセージとともに、中学生の娘や友人に「リハウス」の魅力と“住みかえ”に大切な出会いを伝えていく。

「34年ぶりに宮沢りえさんを起用し、少女から母になった白鳥麗子の続編を描くという企画です。単に過去を振り返るのではなく、むしろこれからの時代のリハウスの在り方を伝えるため、時を超えて輝き続ける宮沢さんに出演をお願いしました。今回の復活に際しては、当時を知るクライアントの並々ならぬ想いもあり、それに応えられるようチームで設定とストーリーを精緻化していきながら、進めていきました。最後のサウンドロゴも、ご本人のアカペラです」と電通 コピーライター/CMプランナー 上田太規さんはコメントしている。

ポスター。白鳥麗子の娘役は、2021年にデビューした近藤華さんが務めている。
三井不動産リアルティ/三井のリハウス「家を売るって大変?」篇

スタッフリスト
共通

企画制作
電通+AOI Pro.
ECD
平石洋介
CD
岡本昌大
企画
河合倫子
企画+C
上田太規
AD
古川純也
CAS
忍足晃則
出演
宮沢りえ、近藤華
 
 
 
 

CM

Pr
村田淳一、金子洋平、藤田洋平
PM
田添裕也、太田幹也
演出
森ガキ侑大
撮影
近藤哲也
照明
溝口知
美術
松永桂子
ST
斉藤くみ(宮沢)、高木阿友子
HM
中野明海(宮沢)、森下奈央子(娘、ママ友、リハウスさん)
音楽
戸波和義
編集
平井健一(オフライン)、德永修久(オンライン)
MIX
橋本絵美
 
 
 
 

GR

D
三島将志、高木寿桃
撮影
伊藤彰紀

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us