生活者目線の「ユニファイドコマース」でいつでもどこでも心地よい買い物体験を実現

share

ITの活用により企業のDX推進支援を行うTISでは、データの利活用を含むマーケティングソリューションを提供するにあたり「ユニファイドコマース」の実現を掲げている。「ユニファイドコマース」に至った同社の考えと構想とは?DXビジネスユニット デジタルマーケティングサービスユニットのエキスパート、山本豪氏が解説する。

消費者の行動に基点を置き統合的なデータ利活用を推進

SI・受託開発に加え、多数のサービス型ITソリューションにより金融、製造、公共など様々な業界でビジネスパートナーとして事業成長に貢献してきたTIS。そんなTISでマーケティングソリューションを担うブランドが「TIS MARKETING CANVAS」だ。同ブランドでは顧客接点と、そこから集まったデータの整理、分析、施策の実施までをワンストップで提供。目的に応じてサービスを選択する形でも提供可能という。

そんなワンストップサービスを企業目線ではなく消費者の目線に立って実現しようとする構想が「ユニファイドコマース」だ。同社では「ユニファイドコマース」を「オンライン・オフラインにかかわらず、いつでもどこでもお買い物ができ、お客さま一人ひとりの心をつかむ接客や商品によって心地よいお買い物体験を提供すること」と定義する。

図表1 「TIS MARKETING CANVAS」概念図

「当社ではECやコンタクトセンター、サイト構築などを通して企業をサポートしてきましたが、各顧客接点を“点”でしかとらえられていないという課題を感じていました。ここ数年でサイトや店舗の壁はなくなりつつあり、様々なチャネルで情報を集め、購入し、受け取る消費者の動きが活発です」とデジタルマーケティングサービスを担当する山本豪氏は話す。

これまでの“点”でとらえたビジネスは通用しない。そう考え、クライアント企業だけではなく、その先にいる消費者の行動に則ったサービスを提供する視点から「ユニファイドコマース」を定義し、ブランドの方針を定めたという。

「オンラインとオフラインを自由に行き来する消費者に最適なサービスを提供するには、何よりもまず、カスタマージャーニーを描き、消費者にとっての最適な体験をイメージすることからです。そのうえで全体を俯瞰で捉え、必要なシステム化の構想を描くことが重要です。企業ごとに内容は異なりますが、消費者の生活がより豊かになることを第一に考え、企業のデータ利活用を推進していきたい」と山本氏は語った。



TIS株式会社
DX営業企画ユニット
DX第2営業部
TIS MARKETING CANVAS担当窓口

住所:〒135-0061
東京都江東区豊洲2-2-1
豊洲ベイサイドクロスタワー
E-mail:canvas@ml.tis.co.jp
URL:https://www.tis.jp/branding/MC/

Follow Us