CM楽曲の実績多数 広告以外の分野でも伝わる音楽をボーダレスに提供

share

2004年設立の青空は広告音楽をはじめ、映画やドラマのサウンドトラック、アーティストの育成や楽曲提供など音楽に関わるあらゆる事業を手がける。CM楽曲やサウンドロゴの実績も多く、ボーダレスに伝わる音楽を生み出している。

青空のメンバー。
(前列左から)プロデューサー 松本実音花さん、代表取締役 野口時男さん、プロデューサー 山田なつきさん、作曲家 牧野奏海さん。
(後列左から)アシスタント 名越英悟さん、プロデューサー 笠木友輔さん、エンジニア 小池忍さん、作曲家 鈴木健太さん。このほかプロデューサーの久保田真介さんと作曲家清水靖晃さんを含め、10人のメンバーが在籍する。

CMからアーティスト事業にも発展

リクルート「SUUMO」のCMソングをはじめ、お茶の間にも浸透している広告音楽を多数、世に送り出してきた青空。年間で約200本のCM作品を手がけている。サウンドロゴの制作実績も豊富で、花王「ビオレ」、日本生命「ニッセイ」や「ティファール」「お、ねだん以上。ニトリ」など、おなじみのメロディーを多数生み出してきた。

代表取締役の野口時男さんは広告音楽制作事務所を経て、40歳で独立し青空を設立した。「広大で」「気持ちよく」「ボーダレス」といったイメージから付けた社名のとおり、社内は和気あいあいとした雰囲気でチームワークにも定評がある。プロデューサー5人、作曲家3人、エンジニア1人、アシスタント1人の10人体制で、オフィスにスタジオも2部屋完備し素早く対応できる環境を整えている。

「音楽制作に必要な作曲能力を高めるため、得意分野がそれぞれ違う作曲家を専属にしています。プロデューサーは日々新しい音楽とは何かを考え続けているスタッフばかり。自身の案件で煮詰まっても、個性や音楽の系統がそれぞれ異なるスタッフ同士でアイデアを出し合います。個人主義というより、皆で協力してよりよい音楽を生み出そうという雰囲気の会社です」(野口さん)。

グローバルのネットワークもあり、アメリカには音楽制作で提携している企業、イギリスには著作権を管理する提携企業も。全方位的に内部の体制を強化し続けている。

子どもユニット「キグルミ」。

そんな青空の原点でもある仕事は、会社を設立した2004年に手がけたCM曲。その楽曲を2006年に「キグルミ」という子どもユニットで発売し、100万ダウンロード超のヒット曲に。日本レコード大賞特別賞、新語・流行語大賞トップテン入りなど多くの賞を受賞した。

その後もキグルミのマネージメントを続け、映画やアニメの主題曲などを多数手がけてきた。子ども向け楽曲のヒットにより、その後NHKの番組からの制作依頼も増えていく。

「今後も今まで関わってきた多くのアーティストの方々と、広く世の中に受け入れられるヒット曲を生み出していきたい。一番の柱であるCM音楽に関しては今以上に強固な制作体制を築きたいと考えています」(野口さん)。

リクルート「SUUMO」テレビCM。

花王「あわあわ手あらいのうた」。

アクア「AQUA」テレビCM。

クレハ「NEWクレラップ」Web 動画。

パナソニック「Panasonic NEWS FACTORY」。

資生堂「HAKU」テレビCM。

NHK E テレ『おかあさんといっしょ』月の歌『いえ イェイ!!』。

NHK E テレ『パッコロリン』。©NHK・NED

広告音楽制作の仕事の醍醐味とは

2006年に入社したプロデューサー 笠木友輔さんは最近手がけた仕事として、AQUAのテレビCMの仕事が印象に残っている。俳優の長谷川博己さんが最新家電などを体感する近未来感のある映像が印象的なCMで、楽曲は既にでき上がっていたが「曲を逆再生にしてみたい」という提案があった。「試してみたところ、気持ちの良い浮遊感のある音色が不思議な空間の映像とマッチしたんです。ほぼ完成していても、柔軟な発想で色々な可能性を試すことが重要と実感させられました」(笠木さん)。

Web向けの映像の仕事も増えており、2020年には夫婦の家事の役割分担をテーマとし話題を呼んだNEWクレラップ(クレハ)の動画「僕は手伝わない」の音楽も手がけた。

2012年入社のプロデューサー 山田なつきさんはこれまで最も印象的な仕事として、イギリスのアビー・ロード・スタジオでとあるCM楽曲をレコーディングした経験を挙げる。ハリウッドなどの映画音楽を手がける楽団によるオーケストラのレコーディングを実施し、その迫力やスケールの大きさ、音の良さに圧倒されるとともに、CMにおいて音楽が果たす役割の重要性を改めて実感した。

「映像と音が組み合わさって完成形を確認する瞬間にこの仕事のやりがいを感じます。今後、会社のイメージを伝えるブランド広告やイメージ映像の楽曲制作の仕事にもっと携わることができたらと考えています」(山田さん)。

さらに新たな事業として、2018年には企業や個人向けの楽曲提供や楽器のオンラインレッスンなどのサービスを提供する「音楽の窓口」を開始。特に企業の社歌、テーマソングの制作などは大手企業に限らず中小規模の企業からの問い合わせも増えている。年間で十数件制作しており、最近では三菱電機グループ100周年のテーマソングを手がけた。

「会社の理念をまとめて曲にするため、制作会社やハウスエージェンシーの皆さんと1年以上かけて完成させたものです。グローバルで展開する英詞バージョンも制作しました」(野口さん)。

特に社歌やテーマソングの制作はこれからもっとニーズが増えていくのではと見ており、今後ますます強固な事業の柱としていきたいと考えている。



お問い合わせ
株式会社青空

〒107-0051
東京都港区元赤坂1-1-7 オリエント赤坂モートサイドビル4階
TEL:03-6434-7486
URL:http://www.aozora777.co.jp
MAIL:info@aozora777.co.jp

Follow Us