イデアインターナショナルが社名変更 「BRUNO」へ

share

イデアインターナショナルは10月1日付で社名を、「BRUNO(ブルーノ)」へ変更する。8月10日に発表した。

「BRUNO」は同社のキッチン家電ブランドで、売り上げのけん引役となっている。

今後も同ブランドの広告宣伝・販売促進を強化する予定で、社名とブランド名の統一によって相乗効果を狙う。生活家電やインテリア用品などにもカテゴリーを広げる。

「BRUNO」のロゴ

主力の小型ホットプレート。2020年9月に発売した北米市場では累計2万台を出荷した。「BRUNO」ブランドは海外展開も好調で、台湾や香港でも販売している

「BRUNO」は2012年9月に販売を開始。

14年3月に発売した小型ホットプレートがヒットし、累計販売台数は2021年6月末時点で246万台を超えた。「おうちパーティ」「女子会」などをキーワードにソーシャルメディアから話題を広めた。

利用者向けWebサイトの開設やテレビ番組などメディアでの露出増加、ソーシャルメディアでの動画広告の効果も見られる。Instagram公式アカウントのフォロワーは18年5月の5万6000人から2年強で10万人増加。ことし8月時点で15万6000人を数える。

「BRUNO」全体の2021年6月期通期の売上高は2020年比で134%と大きく伸長した。イデアインターナショナルの連結売上高は167億8700万円で同比9.9%増だった。

Follow Us