2022 年カンヌ、スパイクスアジアの若手向けコンペ 日本代表チームが決定

share

2022年1月開催のヤングスパイクス、同5〜6月開催のカンヌヤングライオンズの日本代表チームを選出する国内審査会が行われ、それぞれ代表が決定した。いずれも1990年1月31日以降生まれのクリエイターが出場できる、若手向けのコンペとなっている。

B2B部門の新設、eコマース部門の刷新などを11月に発表した2022年のカンヌライオンズは現地開催が予定されているが、若手向けのコンペはいずれもオンライン開催となる。ヤングスパイクスは2チームが出場できる運びとなった。シルバー以上の結果は以下一覧のとおり。

デジタル・PR・メディアの各部門はゴールド受賞の1チームがヤングカンヌ、シルバー受賞の2チームがヤングスパイクスに出場する。フィルム・プリント・デザインの各部門はゴールド受賞の1チームがヤングカンヌに出場する。インテグレーテッド部門は、ゴールド受賞の2チームがヤングスパイクスに出場する。

対象となったのは、1990年1月31日以降生まれのクリエイター。2021年度がイレギュラーの実施だったため、年齢制限がヤングスパイクス開催時点で31歳までに緩和された。2023年度以降は従来どおり、30歳以下のみの出場となるという。国籍は問わず、2人1組で出場する。

応募総数はデジタル部門45作品、フィルム部門29作品、PR部門102作品、メディア部門59作品、プリント部門63作品、デザイン部門36作品、インテグレーテッド部門45作品だった。

ヤングコンペ 国内選考会の主な結果(SILVER以上)

デジタル部門
・GOLD(ヤングカンヌ出場)
中山桃歌(電通デジタル/Dentsu Lab Tokyo)
鎌田明里(電通)
・SILVER(ヤングスパイクス出場)
中村心(FACT)
有田絢音(ADKクリエイティブ・ワン)
・SILVER(ヤングスパイクス出場)
下萩千耀(博報堂)
松木啓(DE)

フィルム部門
・GOLD(ヤングカンヌ出場)
德岡淳司(TBWA\HAKUHODO)
萩原志周(電通)
・SILVER
松岡芳佳(博報堂プロダクツ)
平岡咲(博報堂)

PR部門
・GOLD(ヤングカンヌ出場)
佐藤佑紀(電通PRコンサルティング)
森光菜子(電通PRコンサルティング)
・SILVER(ヤングスパイクス出場)
山田将平(東急エージェンシー)
北園隼大(ADKマーケティング・ソリューションズ)
・SILVER(ヤングスパイクス出場)
水田秀俊(電通)
井尻峻介(電通)

メディア部門
・GOLD(ヤングカンヌ出場)
堂福大成(monopo Tokyo)
高橋健太(monopo Tokyo)
・SILVER(ヤングスパイクス出場)
長谷川輝波(電通)
下穂菜美(電通)
・SILVER(ヤングスパイクス出場)
久古はる香(博報堂DYメディアパートナーズ)
塚田航平(電通)

プリント部門
・GOLD(ヤングカンヌ出場)
飯島夢(Septeni Japan)
古林萌実(東急エージェンシー)
・SILVER
吉田彩音(マッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン)
村川恵理香(マッキャンヘルスケアワールドワイドジャパン)

デザイン部門
・GOLD(ヤングカンヌ出場)
小渕朗人(博報堂ケトル)
天畠カルナ(博報堂)
・SILVER
シュレスタまな(東北新社)
吉川大介(WTFC)

インテグレーテッド部門
・GOLD(ヤングスパイクス出場)
瀧智之(オリコム)
水野拓哉(エブリー)
・GOLD(ヤングスパイクス出場)
蓮田潤(A.T.カーニー)
蓮田真優美(大広)
・SILVER
有泉歩美(ADKクリエイティブ・ワン)
三田杏奈(ADKマーケティング・ソリューションズ)

Follow Us