ホンダF1のラストランで優勝、走行前にライバルや仲間たちに感謝のメッセージ

share

本田技研工業(以下、ホンダ)は、2021年12月12日に日本経済新聞に広告を出稿した。その広告に書かれていたメッセージには、

「ありがとうフェラーリ。
ありがとうロータス
ありがとうブラバム
ありがとうマクラーレン
ありがとうルノー
ありがとうメルセデス
ありがとうトヨタ  ……」

と、F1レースに参戦している、ライバルでもある自動車メーカーや一緒に戦った仲間、関係者への感謝がつづられている。そして、マシンの後ろ姿と共に掲載されたメッセージの最後の言葉は、「じゃあ、最後、行ってきます。」。

12月12日に日本経済新聞に掲載された広告。

 
12月12日に行われたのは、2021年F1最終戦アブダビGP。ホンダにとって、この日は1964年から参戦してきたF1のラストレースだった。ラストランにあたり、ホンダは全てのライバル・仲間たちに感謝を伝えるメッセージを新聞広告とSNSで発信したのだ。

「F1挑戦の歴史は本当に苦難の連続だったことと思いますが。そんな中で様々な難局を乗り越えてこれたのは、”どんな時も常に前だけを見続けてきたチャレンジスピリット”と”共に切磋琢磨してきたライバルと仲間の存在”が根底にあったからこそだと感じました。だからこそ、F1最終戦に挑む広告でも、最後の最後までHondaらしく前だけを見据えながら。ライバル・仲間たちに感謝を示すことで、ラストランでの最高のパフォーマンスに向けた決意表明できないかと考えました」(コミュニケーションプランナー 加我俊介さん)

マシンの後ろ姿という象徴的なビジュアルは、写真家・若木信吾さんが撮影した。
「ビジュアルは今からコースに向かっていくマシンの後ろ姿がいいと思いました。そして既存の写真や場所ではなく抽象的にすることによって、見た人のそれぞれの想いを乗せることができると考えました。時間のない中で撮影するために、様々な人の協力があって実現できた原稿です。そして最後のレースでの優勝。本当にカッコよかったです」と、アートディレクター 今井祐介さん。

「HondaのF1ラストランには、さよならではなくありがとうという言葉がふさわしい」と話すのは、コピーライター 三島邦彦さん。「そして、ライバルたちへの感謝、仲間への感謝、ファンへの感謝をまずHondaから言葉にすることで、ファンの人々もそうでない人々も、様々な垣根をこえて共感してもらい、Hondaへの“ありがとう”と“いってらっしゃい”という言葉が生まれる状況を目指しました」。

新聞広告の出稿と共に、ホンダはSNSにも日本語版・英語版でこのメッセージを投稿したところ、F1ファンのみならず、国内外の多くの人から「感動した」「鳥肌が立った」「目頭が熱くなった」など反響を集めた。

その日、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手が優勝。1991年のアイルトン・セナ以来、30年ぶりのタイトル獲得となり、ラストランを有終の美で飾った。

クリエイティブディレクター 東畑幸多さんは「加我、三島、今井から、カンプを見せられた時、“ぜひ実現したい”そう強く思いました。実現までに、超えなければいけない壁はありましたが、この原稿が持つエモーションが、関係者一人一人の心を動かし実現に至ったと思います。SNS上でたくさんの「ありがとうHonda」「いってらっしゃい」という声を目にして、涙が出る想いでした。こういう瞬間があるから、広告はやめられない。そんなことを思い出させてくれる仕事でした」と話している。

決勝日当日、ホンダ青山本社入口にもメッセージが掲出された。

 

スタッフリスト

企画制作
電通+P.I.C.S.+Fabrica. inc.
ECD
後藤彰久、東畑幸多
コミュニケーションプランナー
加我俊介
C
三島邦彦
AD
今井祐介
企画
鈴木健太、三浦麻衣
CPr
吉井俊太郎
Pr
池田了
PM
永井聖香
撮影
若木信吾
撮影アシスタント
日野敦友
レタッチ
津金卓也
D
大渕寿徳、藤谷力澄
戦略プランニング
大松邦裕
メディアプランニング
篠木正浩
AE
岡見光仁

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us