クリエイターや起業家が登壇 大阪万博で目指す未来社会デザインをテーマにフォーラム開催

share

2025年に開かれる大阪・関西万博をテーマにしたセミナー「大阪・関西万博2025で見えてくる社会の未来予想図 フォーラム」が2月15日、Zoomによるオンラインライブ配信で開かれる。主催は内閣官房国際博覧会推進本部事務局。参加無料。

大阪・関西万博のロゴ

第1部は「万博がもたらす新たな日本産業の在り方」をテーマに、ウォンテッドリーの仲暁子代表取締役CEOと森川亮C Channel代表取締役社長が登壇。IT を活用した新規ビジネスの先駆者の視点から、大阪・関西万博と日本産業の未来について語る。

第2部は「大阪・関西万博による未来社会デザインへの挑戦」と題して、若宮健嗣万博担当大臣と大阪・関西万博のPLL(People’s Living Lab)クリエイターを務める齋藤精一氏(パノラマティクス主宰)が登壇し、万博で目指す未来や参加の仕方について話し合う。モデレーターは田中里沙・事業構想大学院大学学長が務める。

セミナーは、万博に参画したい人やイノベーションの創出に関わる人を主な対象としている。開催は2月15日17時~19時20分。申し込みページから事前登録で参加できる。
 
≪関連記事≫
デザイン視点から大阪・関西万博を検討するコミッティに、齋藤精一氏らクリエイターが参加
大阪・関西万博のロゴマーク決定 「予定調和ではないデザイン」に評価
 


 

Follow Us