Z世代が考える「価格」 現役大学生の買い物事情

share

Z世代の消費行動やお金に対する価値観とはどのようなものなのか。物・サービスを購入するのはどのようなタイミングで、どのように商品を選択しているのか。現役大学生の3名に話を聞いた。

ネットで調べて現地で購入 私の最近の買い物

― 最近の印象的な買い物を教えてください。

唐澤:私は年始にベッドを購入しました。
以前は部屋に布団を敷いて寝ていたのですが、年末の大掃除をした際に、生活の質を上げたくなったんです。
大学3年生でもうすぐ就職活動もはじまるので、部屋が整っていて居心地が良い方が、頑張れると思いました。

現在実家で暮らしているのですが、来年就職したら一人暮らしを始める可能性があるので、その時に新しいベッドを購入することも考えて、コスパを重視。
ニトリで税込11,000円で販売していた、足付きマットレスを選びました。
最初はネットで探していて、3,000円くらいのものも見つけたのですが、知らないブランドで実物の雰囲気もあまりわからなかったので、近くのニトリに行って実物を見て、そこで予算にあうものを見つけて購入しました。

就職活動に向け、QOLを上げるためにベッドを購入。来年生活が変化する可能性を考慮し、コスパを重視した。衣服はZOZOTOWNで購入することが多いという。

葛見:最近の買い物は、GU(ジーユー)の白いコートです。価格は4,000円ほど。
ディズニーランドに行くにあたり新しいコートが欲しいなと思い、黒いコートは持っていたので今回は白を買うことにしました。
現在バイトをしておらず、あまりお金を使えないため私もコスパを重視。
GUであれば予算内でよい物が見つかると考え、サイトで検索しました。
フード付き、素材感といったイメージをもとに目星をつけた上で、店舗で実物を見て購入を決めました。

GUでコートを購入した際は、数あるコートの中から事前にネットで商品を調べ、予算とイメージに合うものの目星をつけてから店舗で購入した。

御園生:私は椅子の上などに置いて使用し、正しい座り姿勢に導いてくれる「Style」という商品を購入しました。価格は税込で9,800円です。
オンライン授業でずっと座ってパソコンを見ている生活が続き、外出の機会も減ったことで運動不足により筋肉が減って姿勢が悪くなっているのを感じ、この機会に買うことにしました。本当は2年くらい前に買った方が良かったのかもしれません。

最初は使用されている素材などを考えると、価格が高めだと感じたのですが、ネットで他の会社の商品も調べると、どれも1万円前後だったので、このくらいが相場なのだとわかりました。近所に座って試せるサンプルが置いてあるお店があるのでそこに行って実際に座り、購入にいたりました。

― 皆さんネットで調べた後、店舗で実物を確認して購入を決めているのですね。

御園生:ネットか店舗かは、購入するものの価格帯やカテゴリによって使い分けています。
消耗品や価格帯が低い物は、直接ネットで購入することもあります。

葛見:服はお店で見てから買うことが多いですね。サイズ感や素材感が、ネットだけだとわからないので。
お店で触って試着してから買えた方が安心できます。

唐澤:服はZOZOTOWNで買うことが多いです。
特に、過去に自分が購入したことがある、店舗を訪れたことがあるといった好きなブランドの服は、信頼してネットで購入しています。
ZOZOTOWNなどはクーポンがあるので、発行されたタイミングでお得に買いたい気持ちがありますね。
 


 

日常の支払いは電子マネーで使用の理由はポイント還元

― 物・サービスを購入する際の決済方法を教えてください。

葛見:私は店舗で買い物をする時、食品や雑貨といった細々としたものは、電子マネーを使うようにしています。
楽だし、現金を持ち歩かなくてよいというメリットももちろんあるのですが、やはりポイントが貯まるのが大きいですね。

御園生:私も葛見さんと同じで、ポイントが貯まるので電子マネーで支払うことが多いです。
同年代の知り合いを見ても、高校生まではみんな普通に現金払いをしていましたが、大学生になって電子マネーを使うようになっていると思います。

唐澤:PayPayを使っています。30%還元などもよくありますし、コンビニでも必ず2円ほど返ってくるので。
また、PayPayには割り勘機能もあるので、大勢がかかわるプロジェクトや集まりでお金を使ったときなどは、それがとても使い勝手が良いですね。

葛見:その機能のことを私は最近まで知らなくて。
この間唐澤さんから連絡が来て初めて知ったのですが、とても便利でした!

“高い”ものを買う判断軸は?未来を考えた購買行動

― 必要に迫られた時や生活必需品以外で、物を買う・お金を使うのはどのような時ですか?

忙しい時期、自身に余裕がない時期に買い物をすることが多いという御園生氏。最近した大きな買い物は、10万円のエステへの入会だと話す。

―本記事続きは、2月1日発売の月刊『宣伝会議』3月号で読むことができます。
現在、多くのオンライン書店で売り切れとなっております。
ご不便をおかけしますが、お近くの書店様にてお買い求めくださいませ。
 

月刊『宣伝会議』3月号

 

▼特集1
安さ追求はどこまで必要?
今こそ見直す価格戦略
 

・キーワードは「メリハリ消費」
データで読む、買い物の変化

・昨年は「値上げ元年」だった?
アキダイ、秋葉社長が語る価格変動のいま

・加速する超・高関与型消費
推し活ユーザーの心理とは? etc.

 
▼特別企画
第59回「宣伝会議賞」一次審査通過者発表
 
▼特集2
業界あげて進むDXの取り組み
最新・テレビCMの効果的活用
 
▼特集3
マーケター、クリエイターに聞く!
消費者インサイトに迫る「私の実践論」
 
※こちらは月刊『宣伝会議』2022年3月号の一部を掲載しております。
現在、多くのオンライン書店で売り切れとなっております。
ご不便をおかけしますが、お近くの書店様にてお買い求めくださいませ。
 

Follow Us