“きっかけは、キットカットで。”「キットカット」初のアニメCM、監督に山田尚子

share

ネスレ日本は「キットカット」にて、約4年振りとなるブランドキャンペーン“きっかけは、キットカットで。”を2月21日より開始。
キャンペーン開始に伴い、「キットカット」初のアニメーションCMを全国で放映したほか、ブランドサイトでも公開している。

 
キャンペーンの第一弾となるアニメCMで監督を務めたのは、「映画 けいおん!」「映画 聲の形」「平家物語」などを手掛ける山田尚子さん。
CMソングには、歌手AIさんとダンサーのRIEHATA さんの初の共作である「First Time feat. RIEHATA」が起用されている。

「きっかけは、キットカットで。」CMカット。

 
本CMでは、「キットカット」が“きっかけ”となり、夢や目標に向かって踏み出せなかった一歩を踏み出せたり、気持ちが前向きになったりする瞬間を表現。
“想いを伝えるきっかけ”として手から手に「キットカット」が渡されるシーン、“夢を叶えるきっかけ”として漫画家になるために「キットカット」に書かれた応援の言葉に励まされながらペンを走らせるシーンなどが描かれている。

クリエイティブディレクターを務めた三田哲矢氏は、「思うようにいかない今の時代に、『キットカット』がブレイクを通してできることは何か?それは、気持ちを前向きにする“小さなきっかけ”かもしれない…。そんな発想から今回のビッグアイデア『きっかけは、キットカットで。』が生まれました。」と話す。
 


 

「たとえば“環境を考えるきっかけ”としてパッケージのリサイクルを進めたり、“世界に羽ばたくきっかけ”として学生たちの夢をサポートしたりと、数年に渡り、この大きな傘の下で、さまざまなプロジェクトが進んでいきます」と三田氏は構想を語る。

また、“きっかけは、キットカットで。”キャンペーンでは、SNS上で「キットカット」が前向きな一歩の“きっかけ”となった実話を募集し、そのエピソードに基づいたアニメーションムービーを山田尚子さんによるプロデュースのもと制作予定。
ファンと共に、新たな「キットカットブレイク」をつくりあげていくという。

2月22日 毎日新聞朝刊には新聞広告も掲載された。

 

スタッフリスト

企画・制作
WUNDERMAN THOMPSON TOKYO
CD
三田哲矢(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO)
CW
三田哲矢(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO)
AD
板倉結希恵(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO)
Strategy
平野麻美(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO)
Activation Planner
角良太(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO)
Agency Producer
津本栄憲(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO
AE
桐生陽明(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO)、
小俣 浩美(WUNDERMAN THOMPSON TOKYO)
監督
山田尚子
Pr
伊藤 耕一郎(itoko production)

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us