発売60年の雪印コーヒー Twitter×新聞で「リアルタイム型広告」を出稿

share

雪印メグミルクは3月15日より、発売60年を迎えた『雪印コーヒー』(1000ml、500ml)をリニューアルし、同時に、シリーズ商品としてスリムパックや希釈タイプの商品などを新たに販売開始。女優の志田彩良さんを起用したWeb動画「#雪コに甘やかされたいLv.60」の公開をはじめとする「#雪コに甘やかされたい」プロモーションを実施している。

プロモーションの一環として、4月9日早朝に、雪印メグミルク公式Twitterが「雪印コーヒー」の悩みと葛藤を打ち明けた“つぶやき”を投稿。投稿と連動した内容で、朝日新聞朝刊東京版に15段広告を出稿した。

1963年の発売以来、やさしい甘さを特徴としてきた「雪印コーヒー」。ツイートでは、近年のコーヒー市場のトレンドが「甘さひかえめ」に変化し、また、世の中が“苦い”状況になっていることを受け、「そろそろ甘さをひかえるべきでしょうか?」と葛藤する。

コピーライターの内山奈月氏とアートディレクターの島田彩氏は、「甘さひかえめコーヒー全盛の令和の時代、雪コは甘いコーヒーのままでいいのか?という悩みのツイート文を『先ほどツイートしました』というコピーとともに、そのまま新聞広告にしました」と話す。
 
「甘いままで『いいよ』or『悪くない』の2つの選択肢から、感謝の甘やかし動画が見れる仕組みに多くの人が参加。ツイッターと新聞のリアルタイム性に着目した、リアルタイム参加型新聞広告をつくりました」(島田氏)。

紙面の二次元コードを読み込むとTwitterの投稿画面が表示され、60段階(現在レベル45まで公開中)の「甘やかさレベル」を選択しツイートすると、Web動画のURLを受け取ることができるという仕組み。

動画には女優の志田彩良さんが出演し、自宅や学校、オフィスなど60種類のシチュエーションで「雪印コーヒー」と共に、“甘やかして”くれる。

新聞広告「先ほど、ツイートしました。『雪コ』こんなに甘くていいのでしょうか?」


新聞広告 スタッフリスト

企画制作
博報堂
CD
丸田昌哉
C
内山奈月
AD
島田彩

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us