これからの活用のヒントにしたい! SNSで話題になったOOH事例

share

コロナ禍によって、OOHの価値が高まっているが、実際にどのように活用すれば、その価値を発揮できるのだろうか。ここでは、今後のOOH活用のヒントとして、SNSで話題になった事例をテーマに分けて紹介する。

THEME1:猫の日にSNSを盛り上げる!

01.サントリー食品インターナショナル
猫つながりでキャットストリートをポスタージャック

サントリー食品インターナショナルは3月8日、猫がモチーフのヒンジキャップのノベルティ「ねこねこキャップ」を付属したコーヒー飲料「ボス カフェベース」を発売。それに先駆け、2月22日(スーパー猫の日)にはWeb動画を公開し、OOHも展開。親和性のある渋谷のキャットストリートの各所にポスターを掲出した。ポスターでは、店頭で「ねこねこキャップ」に出会えることを告知するため、「この猫探してください」と訴求。迷い猫ポスターのようなクリエイティブが話題を呼んだ。

02.いなば食品
シェアしたくなる猫で埋め尽くされた電車

いなば食品は2月20日、猫用おやつ「CIAOちゅ~る」の発売10周年を記念し、猫の写真でラッピングされたオリジナル電車「ちゅ~る ちゅ~るトレイン」を運行した。東京メトロ銀座線と丸ノ内線での運行で、期間は1カ月。車体の外観と、中づり、窓上、額面、ステッカー、つり革、窓シート、ドア下、イス横、フロアを含めた車内を、様々な猫たちが埋め尽くした。偶然車両に遭遇した人たちが車内を撮影し、SNSでシェアされる姿が多く見られた。

03.クロススペース
3D巨大猫が新しい試みでメディア価値向上を狙う

昨年、3D巨大猫として話題になった、クロス新宿ビジョンの「新宿東口の猫」が猫の日を記念し、新作動画「ディスプレイ編」の放映を開始した。「ディスプレイ編」では、いつもの部屋にディスプレイが設置され、猫がそのディスプレイを触りだすというストーリー。ディスプレイに映る映像は差し替え可能で、持っている動画を「ディスプレイ編」に差し込むことができるため、「新宿東口の猫」とのコラボが手軽にできるようになった。

THEME2:ファンの心を捉えたコミュニケーション

04.ANYCOLOR
バーチャルの存在をリアルなメディアで訴求

ANYCOLORが運営するVTuber/バーチャルライバーグループ「にじさんじ」は2月7日より、にじさんじ4周年を記念したOOHを掲出。場所は東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など主要な駅で展開した。スペシャルムービーでは、ビジョンの大きさを利用し、キャラクターが等身大のサイズ感で登場。「バーチャルの存在をリアルで感じることができる」とファンの間で大きな反響を呼び、広告前には多くのファンの姿が見られた。

05.LAPONE エンタテインメント
ポスターをつなぎ合わせるとファンへメッセージが出現

©LAPONE ENTERTAINMENT

アイドルグループ JO1は2021年12月15日、5thシングル「WANDERING」の発売に合わせ、47都道府県49箇所でOOHキャンペーン「#FIND_THE_JO1」を実施した。公式Twitterのツイートの謎を解き、それぞれの場所のポスターをつなぎ合わせると、ファンに向けたメッセージがあらわれるという仕掛けだった。SNS上では、ファン同士で考察や推理が行われ、ポスターをつなぎ合わせるなどの交流が活発に。Twitterではトレンド入り
し、大きな話題となった。

06.ポケモン
ノスタルジックなメッセージでリメイク作品を訴求

2021年11月1日、Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』の発売を記念した大規模メッセージ広告が、全国6都市12カ所で展開された。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のリメイク作品ということもあり、懐かしい画像とともにキャラクターからのメッセージを掲出。二次元コードを読み取ると起動するカメラをゲーム画面へかざすと、思い出のシーンが新作として動き出す仕掛けも用意した。社会人になった当時のユーザーには刺さるコンテンツだった。

07.キングレコード
作品の世界観に合わせて渋谷をジャック

音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」は3月1日より、最新CDの発売を記念し、OOHが渋谷の各所で掲出される“シブヤリリックアートジャック”を実施した。最新CDは作中チームのひとつであるシブヤ・ディビジョン“Fling Posse”が、全6チームでのバトルを勝ち抜き発売されたもの。その世界観に合わせ、リアルの渋谷にOOHを展開。様々な場所に掲出されたため、ポスターを探しながらSNSでシェアするファンも見られた。CD発売日の3月16日からは、渋谷駅近辺をアドトラックが走行した。

次ページ 「THEME3:インパクトのあるクリエイティブ」へ続く

Follow Us