錦鯉・長谷川さんが送った「母の日」の手紙、日本郵便のWebムービー・新聞広告で公開

share

日本郵便は、5月1日に母の日特設サイトをオープン。お笑い芸人・錦鯉の長谷川雅紀さんが登場するWebムービーとラジオCMを公開した。

錦鯉・長谷川雅紀さんの母の日(雅紀さん)

喫茶店でペンを手に取り、便箋に向かうのは、「こーんにーちはー!」でおなじみの錦鯉・長谷川さん。いつもとは違う神妙な面持ちで、時には考えながらペンを走らせる。手紙の送り先は、自分のお母さん。こうして手紙を書くのは、20年ぶりだという。これまでの自分を振り返りながら、1枚の便せんにぎっしりと想いを書き連ねる。キャッチフレーズは、「言葉にできないものも、ちゃんと書いてある。」。

「情報を届けるだけなら便利な手段はいくらでもあるのに、 いまだに手紙でしか届けられない何かがある。そんな手紙の普遍的な価値を感じてもらうために、書く側と受け取る側、 両者を描けないかと考えました。 そし“いまお母さんに感謝の手紙をいちばん書くべき人は?” と考えていく中で、錦鯉の長谷川さんの顔が思い浮かびました」と、コピーライター 野澤幸司氏。

長谷川さんをキャスティングしたのは、「 売れるまで時間がかかり、長い間苦労や心配をかけてきたからこそ、 手紙で伝えるべき言葉がきっとたくさんあるんじゃないか」と考えたことから。

「長谷川さんは企画説明のときからもう落涙されていて、 この純度をそのまま映像の中に落とし込めないかと考えました」(野澤氏)

5月1日のローンチ時点では長谷川さん本人だけの動画がアップされたが、 8日の母の日に合わせて、お母さんも登場する動画を公開。さらに、手紙全文を公開した新聞広告を読売新聞に出稿した。 ムービーに登場する長谷川さんのお母さんは、息子からの直筆の手紙を読んで、何も語らずに何度もうなずいている。

長谷川さん本人も、5月8日にTwitterで「面と向かって言えない言葉も、手紙だと伝えれました。たくさん、ありがとう。」と投稿。多くのファンから「グッときた」「感動しました」という声が寄せられている。

錦鯉・長谷川雅紀さんの母の日(雅紀さん/母・幸子さん)

5月8日に出稿された新聞広告では、長谷川さんの手紙を公開。


スタッフリスト<共通>

企画制作
博報堂+SIGNING +onehappy+AOI Pro.
CD+C+企画
野澤幸司
企画+C
鈴木智也
AD
小杉幸一
ECD
清水篤志郎
戦略CD+企画
清水佑介
AE
船山信吾、秋山洋大、高橋祐太郎、貝田岳大、 西柊平

 

スタッフリスト<Web動画>

Pr
山田博之、久松真菜
PM
篠田里美
演出
後藤匠平
撮影
高橋大佑
照明
野田真基
美術
花崎綾子
ST
大瀧 彩乃
HM
貝谷華子、高橋綾香
Mix
北穰至
音楽
鶴丸正太郎
カラリスト
石原泰隆
編集
正見聡(オフライン)、 高木陽平(オンライン)

 

スタッフリスト<新聞企画>

制作
博報堂プロダクツ
Pr
星美津穂
撮影
古川泰子
ドローン
大津央 、髙橋佑馬
ST
石本真代
HM
染川敬子
Cas
伊藤裕樹
レタッチ
吉岡直人

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us