相葉雅紀「ゴルフなんて、最高だ。」キャロウェイゴルフが東名阪でOOH展開

share

ゴルフメーカーのキャロウェイゴルフは3月から、「Callaway for ALL」をテーマとしたブランドプロモーションを開始。ブランド誕生40周年を迎え、イメージキャラクターに相葉雅紀を起用し5月から6月にかけて東京・大阪・名古屋でサイネージ広告を展開した。

これらに先行し3月、4月にはそれぞれWeb上で2部作となるCMを公開。いずれも「ゴルフなんて、最高だ。」というコピーを用いて、ゴルフの楽しさや魅力を訴求している。

本プロモーションのメインビジュアル。

OOHは、5月23日から29日にかけて阪急梅田ツインビジョン、シリーズアドビジョン名古屋100面セットで、5月30日から6月5日にかけて渋谷駅前で5面シンクロ放映された。また5月23日からはTVerやYouTubeの動画広告も展開している。

阪急梅田ツインビジョンでの展開。

「ゴルフなんて、最高だ。-episode1-」篇が渋谷で放映された様子。

3月に公開したティザーCM「-episode0 -」篇は、念入りにゴルフウェアを選ぶ相葉さんの様子が伝わる映像に。翌月に公開されたWebCM「ゴルフなんて、最高だ。-episode1-」篇では、「-episode0 -」篇に登場したゴルフウェアを実際に着用し、ゴルフを楽しむ相葉さんが描かれている。

「CALLAWAY FOR ALL -episode 0-」篇。
「ゴルフなんて、最高だ。-episode1-」篇。相葉さんが「うまくいく時もあり、うまくいかない時もある。それを全部含めて楽しいのがゴルフの魅力」と語る。

 
本企画を手がけた博報堂 Gravityのクリエイティブディレクター 佐々木裕也氏によると、ティザーとなる「-episode 0-」篇では、相葉さんがお店でゴルフウェアを選ぶ様子を盛り込み、あえてゴルフを楽しむシーンを描かなかった。その結果、「次の動画ではゴルフをプレイする相葉さんが見られるのではないか」とSNSを中心に期待感を高めることにつながったという。

「うまくいかないことが多かったり、うまくいっても、また次のときに振り出しに戻ったりする。ずっとできなかったことが、突然できたりする。順調に成長曲線を描かないゴルフというスポーツの良さを相葉さんが代弁しながら、ゴルフのさまざまなシーンをつないでいくCMに仕上げました」(佐々木氏)。
 

スタッフリスト

CM
企画制作
博報堂Gravity+東北新社
CD+企画+C
佐々木裕也
C
鵜川将成
Pr
小河里紗、田端勇介、山岡元輝
PM
下條岳
演出
箱守惠輔
撮影
池浦新悟、大塚宗生(1st)
照明
太田宏幸、嶋田辰文(1st)
カラリスト
大田徹也
編集
西島知宏(オフライン)、加藤才弘(オンライン)
音楽
福島 節
MIX
品川大
ST
沓澤りさ、壽村太一(相葉)
HM
石森由、服部幸雄(相葉)
CAS
小林将哉
AE
小塚浩貴
出演
相葉雅紀

 

GR
AD
畔柳仁昭
D
清野卓
撮影
島津明
レタッチ
櫻井喜明

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us