メタバースで服提供 アダストリア、「JM梅田」で

share

アダストリアは7月22日、「メタバース」で操作するアバター(写し身)用の服の提供を始めると発表した。第一弾として、7月23日〜8月21日に開催されるイベント「JM梅田ミュージックフェス2022 SUMMER」(主催=阪急阪神ホールディングス)の来場者に無料で提供する。アダストリアは、「メタバース」での商品提供や販売のほか、イベント開催やコンテンツ提供なども視野に入れる。

会場で提供予定の「RAGEBLUE」「HARE」の服

エイベックス傘下で仮想空間でのエンターテインメント事業を手がけるバーチャル・エイベックスと協業する。同社と共同で、アダストリアのブランド「RAGEBLUE(レイジブルー)」と「HARE(ハレ)」で実際に販売している洋服をデジタル化した。男性用、女性用5着ずつで、来場者の「アバター」に着させることができる。

「JM梅田ミュージックフェス2022 SUMMER」ステージのイメージ

「JM梅田ミュージックフェス2022 SUMMER」は、大阪・梅田の街を仮想空間として再現した「JM(Japan Multiverse)梅田」を会場に開かれるイベント。3月に開催した「JM梅田ミュージックフェス(β)」は約7万人を集客した。「2022 SUMMER」では阪急阪神百貨店や、関西テレビ放送などもブースを出展する。


 

Follow Us