発売は10年後・20年後、未来の約束が叶った時に乾杯する「約束のよなよなエール」予約受付を開始

share

ヤッホーブルーイングは、日本記念日協会が認定・登録する8月18日の「約束の日」に合わせて、大切な人との未来の約束が叶った時に乾杯する「約束のよなよなエール」の予約受付を開始した。
本製品の発売日は10年後(2032年)と20年後(2042年)の7月7日(「よなよなエール」の誕生日)となる。

その予約方法は、“大切な人との未来の約束” をすること。
未来の約束を行う方法として、同社では10年〜20年の約束を書いた手紙を保存するための「タイムカプセル」となる「よなよなタイムカプセル缶」を作成。特設サイト他、期間限定で東京都内にオープンする「約束のよなよなエール タイムカプセル醸造所」(東京ソラマチ ソラマチ広場、ららぽーと豊洲)、また同企画に共感した企業や、よなよなエール公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」にて配布する。

またTwitter にて、「#約束のよなよなエール」「#2032年の飲み約束」等のハッシュタグを付けて大切な人との未来の約束を投稿することでも予約完了となる。

10年後、20年後の時点で、各人が保管している「よなよなタイムカプセル缶」、もしくはTwitterの投稿を提示した人に優先的に販売をする予定である。

「よなよなタイムカプセル缶」

10年後、20年後に販売するというタイムスパンの長い企画はどのように生まれたのだろうか。

「よなよなエールのターゲット層は30〜40代が多く、その年齢になってくると、今後の自分の生き方・こどもの将来・日本経済など、未来を考えると明るくないことも多いなと感じていました」と、このプロジェクトを企画したクリエイティブディレクター 佐藤ねじ氏はその背景を話す。

「それでじゃあ、よなよなエールとして何か、未来を明るくできるようなことはないかと考えたときに、今日本が抱えてる課題を目の前にして、そんなこと広告でやるのは難しいなと思いました。僕自身も40歳手前で、広告のメッセージで心が動くようなことも減ってくるというか、いい広告があっても、それはあくまで事例として記憶しておくみたいに、ドライな感じになっていくというか。

でも一方で、例えばファミリー層にとっては “こどもと大きくなったら一緒に飲もう” みたいな未来の話は、無条件にほっこりくるし、“お酒は20歳になってから” という商品特性がある、ビールだからこそできる企画もあるなと。

企画当初、『シン・ウルトラマン』の公開前で、僕は公開をすごく楽しみにしてたし、今後『スプラトゥーン3』や、『スラムダンク』の映画もあるなとか。打ち合わせでは、『ワンピース』に出てくるラブーンという鯨の話も話していましたね。過去につくったよい作品もいいけど、次に出す新作の方がワクワクするとか。そういう“未来の楽しみ”があると、人は活力が生まれるのかなと思いました。

そこで未来に発売するビールがあって、その“飲み約束”をすることで、10年後のカレンダーに予定ができる。その “10年という時間” がコンテンツになるのは、そのままブランドを好きになることにもつながり、いい企画になるのではと考えました」

約束のよなよなエール「それぞれの約束」篇

その後、同社から「予約だけではなく、実際に形に残せるタイムカプセルを無料で配ろう」という提案があり、今回の企画に至ったという。

「当初社内では、10年先、20年先の製品を発表して将来大丈夫なの?という声も正直ありました。最終的には、20年後の製品を発表することはその時までクラフトビールをつくり続けることを “約束” することになるし、社員のモチベーションにもなるね、という意見が最終的には多くなりました。
また、せっかく皆さんに約束してもらうのなら、予約の証として形に残せる『タイムカプセル缶』を作ろうということになり、大和製罐さんにも協力をいただき、通常の缶製造では考えられないくらいの短期間で『よなよなタイムカプセル缶』を準備いただきました」(ヤッホーブルーイング)

予約受付開始当日である8月18日、特設Webサイトで数量限定プレゼントを行っていた「よなよなタイムカプセル缶」は、開始5時間で予定数量2000缶の応募に到達。そこで、同社では急遽1000缶追加生産し、抽選でプレゼントすることを決めた(8月31日締切)。

「将来成長したご家族と乾杯してみたいと言ってくださる方、将来を想像して期待を感じてくださる方や “エモい” “感動” などの言葉を寄せてくださる方など、企画に共感頂いたお声を多くいただいています」(ヤッホーブルーイング)

昔からのよなよなエールファンの応募はさることながら、今回の企画ではよなよなエールを初めて知った、知っているけれどまだ飲んだことはないという人からの応募も多く見られている。

スタッフリスト

  共通

企画制作
ブルーパドル+サニーサイドアップ
CD
佐藤ねじ
プランナー
門井舜(越境)
PR ディレクター
林田隆太郎、工藤良太
メディアプロモーター
林摩耶ニコル、小川みゆう
Web エンジニア
林龍一
D(ロゴ)
中屋辰平
漫画
吉本ユータヌキ

 

  イベント

制作
サニーサイドアップ+ノット+プロペラ・アンド・カンパニー
イベントディレクター
新井光慶
イベントクリエイティブ
松島重治、遠藤涼真、粕谷生、山岸政樹、市川聡、水野菜都

 

  ムービー

制作
ROBOT
演出
大寄友
Pr
渡辺雅代
PM
今村生吹
撮影
大辻隆広
ST
伊藤信子
HM
扇本尚幸
作曲
DAICHI YOSHIDA

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

 

ヤッホーブルーイング「約束のよなよなエール」PJメンバー

奥野真由(おっくー)、河津愛美(まるちゃん)、北野響子(きたきょ)、塚本大司(たいしょ)、藤井南帆(つん)、真継愛夫(ラブちゃん)、水落衛(マモチ)、山口明香(ゆうぞう)


Follow Us