オンラインビデオのアワード、第 10 回「BOVA」開催決定

share

月刊『ブレーン』は、優れたオンライン動画を顕彰する第10回「BOVA(Brain Online Video Award)」を開催する。9月30日発売の月刊『ブレーン』の11月号にて課題を発表予定。その後11月1日より応募を受け付ける。

10回目を迎える「BOVA」

 
「Brain Online Video Award」 (BOVA)は、映像制作業界の活性化と、これからを担う動画クリエイターの発掘と育成を目指し、月刊『ブレーン』が2013年から実施するオンラインに特化した動画のコンテスト。

10回目を迎える今年は、特別企画として映像領域をリードするクリエイターのインタビューやBOVAの過去受賞者のアフターストーリーなどをBOVA特設サイトにて公開予定だ。
 

■「BOVA」とは

「Brain Online Video Award」 (BOVA)は、映像制作業界の活性化と、これからを担う動画クリエイターの発掘と育成を目指し、ブレーンが2013年から実施するオンラインに特化した動画のコンテスト。プロ・アマ問わず、課題に対する自主制作を募集する「一般公募部門」 とクライアントワークを集める「広告主部門」の2部門でオンライン動画を募集し、審査する。

【審査員】
広告界の第一線で活躍する CM プランナー、クリエイティブディレクター。
 

■一般部門 課題協賛企業(2022年8月31日現在)

アドビ/尼崎信用金庫/カシオ計算機/サラヤ/セブン-イレブン・ジャパン/ダイキン工業/中国電力/星野リゾート/マスメディアン/みんなのマーケット/USEN-NEXT HOLDINGS/LIFULL
 



お問い合わせ:
株式会社宣伝会議 第10回「BOVA」運営事務局
bova@sendenkaigi.com


Follow Us