メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

ダイキン工業、「化学事業」をグローバルにアピールする動画募集/BOVA2023

share

今年10回目の開催を迎えた、月刊『ブレーン』が主催するオンライン動画のコンテスト「BOVA(Brain Online Video Award)」では、2023年1月27日まで作品を募集しています。ここでは、協賛企業が出題した課題への自主制作作品を対象とする〈一般公募部門〉にて、協賛企業が行ったオリエンテーションのダイジェストを紹介します。今回は、ダイキン工業のお題「ダイキンの化学事業の強みをグローバルにアピールするブランディング動画」についてです。

ハイテク分野には欠かせない「フッ素化学製品」

私たちが募集するのは、ダイキンの化学事業の強みをグローバルにアピールする、ブランディング動画です。「ダイキンといえば、空調」というイメージがある方が大半かもしれませんが、私たちは空調事業を始める少し前、日本で初めて「冷媒用ガス」をフッ素から開発し、製造を始めました。以降、80年以上にわたってフッ素化学製品を開発し続けています。

フッ素は、耐薬品性、難燃性、耐熱性など複数のさまざまな特長を兼ね備えた素材として、世界を支えるハイテク分野でなくてはならないものです。製品ラインアップとしては主に、以下などがあります。

(1)フッ素樹脂やフッ素ゴムなどの化学素材
(2)ガラスや布に撥水性や防汚機能をもたせるコーティング剤
(3)空調用の冷媒やリチウムイオン電池材料などのスペシャリティ製品

これらは、半導体の製造工程や、電気自動車、エレクトロニクスなど、幅広い分野で「なくてはならない素材」として使われています。

「グローバル」での認知度を高めたい

今回、動画を募集する目的は、グローバルでの認知度アップを図ることです。ダイキンの空調事業の認知度は、アジアやヨーロッパの一部では高まってきています。一方で、化学事業の売上は7割以上を海外が占めるものの、欧米を中心とした認知度はまだまだ低いのが実情です。

私たちが設定する動画のゴールは、2つ。ひとつ目は、ハイテク分野においてなくてはならない素材を提供し、世界を支えていること。その事実を、ダイキンブランドを通して多くの人に知ってもらうことです。2つ目のゴールは、ダイキンにはグローバルのお客さまの課題を素材で解決できる可能性があり「相談してみよう」と思っていただくこと、になります。

「自由な発想」の動画を

私たちのブランドビジョンを端的に表しているのが「Positively Innovative」というタグラインです。ブランド説明のための「ブランドビデオ」も参考にしていただきつつ、我々では思いつかない「自由な発想」の動画をお願いします。

選ばせていただいた動画は、グローバル向けWebサイトへの掲載はもちろん、YouTubeへの掲載、広告出稿も予定しています。さらには、グローバル向けに情報発信しているビジネス系SNS、「LinkedIn」への広告出稿も予定しています。また、せっかくのご縁ですので、クリエイターさんには今後の動画制作の際にもぜひお声がけさせていただければと考えています。

ブランドビジュアルとトーン&マナーについては、ダイキン工業化学事業部のWebサイトや、YouTubeの動画などをご参考にしてください。言語は英語、またはノンバーバル。日本語字幕の有無は問いません。私たちが動画を使用する際は、動画の最後にオリジナルのアニメーションを追加させていただく予定ですので、その点はご了承ください。尚、制服の貸し出しや、社内での撮影については対応しておりません。

私たちの事業は、グローバル向けのBtoB商材のため、少しハードルの高い課題だと思います。ですが、将来グローバルでの活動を見据えるクリエイターの方々に、ぜひ映像で、言葉の壁を超えるアイデアを形にしていただければ、と思っています。クリエイティビティあふれる皆さんの才能に出会えることを楽しみにしております。

ダイキン工業の課題「ダイキンの化学事業の強みをグローバルにアピールするブランディング動画」についての詳細はこちら!


Follow Us