メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

BOVA2023 映像制作の1分アドバイス、水本晋平さん「他人の目を気にせず欲望を具現化するチャンス」

share

10月1日に今年の課題が公開された、月刊『ブレーン』主催のオンライン動画アワード「BOVA(Brain Online Video Award)」。今回は広告制作の最前線で活躍する一次審査員の皆さんに、若手の頃の経験や、映像制作において意識しているポイントを聞きました。最後には応募者に向けての応援メッセージもお届けします。

第10回BOVA 一次審査員の皆さん
〈ディレクター〉大柿鈴子小野田玄隈本遼平金野恵利香洞内広樹
〈プランナー〉有元沙矢香小島翔太佐藤雄介、水本晋平、吉兼啓介

本日は、電通 zeroのプランナー/コピーライター 水本晋平さんのコメントを紹介します。

みずもと・しんぺい

電通 zeroプランナー/コピーライター。主な仕事に、日清「0秒チキンラーメン」「お椀ダンス」「謎肉の正体」「どん兵衛×ラッセン」、朝日放送M-1グランプリ「人生、変えてくれ。」、サントリークラフトボス×ゼスプリ「まさかのコラボ」、サントリーBOSS「ボスフリ」、小学館「#図鑑NEOメーカー」、SoftBank「白戸家ミステリートレイン」、TOYOTA「#金曜日の新垣さん」など。

 
【関連記事】
BOSSがNetflixの完全パロディサイト「ボスフリ」を開始、オリジナル動画14本を順次公開
ソフトバンクのテレビCMにスパイ登場、 西島秀俊と仲野太賀が白戸家に潜入

Q1. 若手の頃に「成長につながった」と感じた経験を教えてください。

メディア局から、クリエイティブに転局してきた最初の1年間は、自分が考えたものは何でも、同じ部の先輩たちに見てもらっていました。社内研修の課題も、クライアント作業で考えた企画も。「企画を通すため」というロジックを超えて、「面白いかどうか」だけで企画を見てもらえる経験は、今振り返ると貴重なものでした。

新卒でのCR 配属ではないため、クリエイティブの“師匠” がいない僕にとっては、そういう「先輩方の目+そこから始まる雑談」こそが師匠でした。企画にすらなっていない端切れも含めて、とても丁寧に見てくださった先輩方には感謝しかありません。そんな仕事を、ひとつずつ積み重ねられるかどうかが、僕は大切なような気がします。

BOVAのような場こそ、まさにやりきるための舞台ですよね。アイデアを考え抜いたり、ディテールにこだわったり、動画編集の詰めだったり、やりきってもらえればと思います。
 

Q2.ご自身が演出をする上で意識しているポイントは。

「このブランドには、こうあってほしいよね」「オリエン通りだけどダメなCMをつくると、こういうことだよね」「こういう名作みたいな表現、自分たちでもやってみたくない?」「この領域、まだこういう構造やってる人いなさそうじゃない?」などなど。一緒に企画している人と、いっぱい雑談することを意識しています。

結果として、チームみんなが「これは、やりたい仕事!」と思える状態になっていることが理想だなぁと。企画とは、企みのことだと思うので、いい意味でつくっている人の「企み」が見える企画を見るとワクワクします。楽しんでつくったんだろうな~ ! と。
 

Q3. 動画制作を進める応募者にメッセージをお願いします。

アイデアコンペとは違い、BOVAは「実際に制作する」というのが大きいですよね。あらゆる制限から解放され、欲望を具現化するチャンス。なので、こればかりは「他人の目」を気にせず、やってみたかったことを実験するのがいいと思います。受賞を目的にせず、ぜひいい実験を!

BOVAは2023年1月27日まで作品募集中です。
詳細はこちらから


Follow Us