デジタルマーケ専門部署新設 KDDI、IoTなども体制強化

share

デジタルマーケ専門部署を新設/バリュー事業を拡大

KDDIは4月1日付で、渉外・コミュニケーション統括本部コミュニケーション本部内に「デジタルマーケティング部」を新設する。デジタル領域におけるコミュニケーション施策を強化する。部長は、宣伝部デジタルマーケティング・グループリーダーの塚本陽一氏が務める。

「デジタルマーケティング部」は、「宣伝部」「ブランドデザイン部」と同格。また、ブランドデザイン部長には、コンシューマ事業本部コンシューマ営業本部コンシューマ開通業務部長の立石章氏が就く。

バリュー事業本部内には「バリュー事業企画本部」を新設する。有料会員制サービスを担当する「auスマートパス推進部」を置く「新規ビジネス推進本部」、プリペイド式電子マネー「au WALLET」を扱う「金融・コマース推進本部」と同格となる。これらのバリュー事業にかかわる戦略立案、事業管理機能、事業本部内の連携を強化する。

また、auスマートパス推進部長には、ブックリスタ代表取締役社長の圓谷道成が就く。

「バリュー事業企画本部」には、「新規ビジネス推進本部」から「ビジネス統括部」「コンテンツビジネス部」を、「金融・コマース推進本部」から「DMP推進部」を移管する。

「新規ビジネス推進本部」には、スマートフォン上のアプリの顧客価値向上を図るため、「アプリUX推進部」を新たに設置する。アプリUX推進部長には、バリュー事業本部 新規ビジネス推進本部ビジネス統括部の國友尚が就任する。UXはユーザー・エクスペリエンス(利用者体験)の略称。同本部内では、「アライアンス推進部」と「戦略推進部」を統合する。

「IoT」「エネルギービジネス」の体制も強化

「グローバル事業本部」では、グローバル事業における戦略立案、海外子会社などの経営管理機能の強化、事業本部内の連携強化のため、直下に「グローバル事業企画本部」を新設。「事業本部本部」内の「グローバル事業企画部」、「グローバル経営管理部」を移管する。

「コンシューマ事業本部」には、配下の「コンシューママーケティング本部」に、新たなビジネス領域開拓を図る「コンシューマパートナー開発部」を設ける。

「ソリューション事業本部」には、通信機器以外のモノもインターネットに接続するIoT(Internet of Things)関連ビジネス強化のため、「コンバージェンス推進本部」を「ビジネスIoT推進本部」に改称する。「ビジネスIoT推進本部」には、「ビジネスインテリジェンス部」を「ソリューション推進本部」から移管し、「ビジネスIoT企画部」に改称する。また、IoTビジネスへの取り組みを拡大するため、「モバイルビジネス営業部」を「ビジネスIoT営業部」に改称する。

「商品・CS統括本部」でも、配下の「サービス企画本部」の「ライフデザインサービス部」を「ホーム・IoTサービス企画部」へ解消し、IoTの家庭向けサービスを強化する。「サービス企画本部」では、「エネルギービジネス部」を、「エネルギービジネス企画部」と「エネルギービジネス推進部」の2部体制とし、電力サービスなどエネルギービジネス商用化に伴い、体制を強化する。

次ページ 【人事(4月1日付)】へ続く

Follow Us