38万人が見守った、「GALAXY SⅡ」宇宙への旅

share


 ※画像をクリックするとサイトが表示されます

サムスンテレコムジャパンは、NTTドコモから発売されたスマートフォン「GALAXY SⅡ」の発売キャンペーンとして、実機を高度3万メートルの成層圏に打ち上げてメッセージを配信する「SPACE BALOON PROJECT」を実施した。

7月15日、16日、17日のそれぞれ夜9時から、スペースバルーンと呼ばれる気象観測用の風船を用いて、「GALAXY SⅡ」を上空3万メートルの成層圏へと打ち上げた。宇宙へと上昇していく様子は、ともに打ち上げられたビデオカメラで約90分間ライブ配信され、初日は約14.7万人、2日目は約6.6万人、3日目は約17万人(それぞれユニーク視聴者数)、3日間で延べ約38万人が見守った。

打ち上げられた「GALAXY SⅡ」の画面には、事前に一般から募集したメッセージ約3000人分を、坂本美雨、高木正勝、OPEN REEL ENSEMBLEら7人のミュージシャンによるオリジナル楽曲にのせて表示。投稿されたメッセージは、特設サイトにも掲載された。

大きく揺れたり、配信映像が不安定になりながらも上空3万メートルを目指す「GALAXY SⅡ」を応援するメッセージや、事前に投稿した自分のメッセージが表示されたことを喜ぶコメントなど、関連ツイートは3日間で約8万に達した。

また、3日目は2回の打ち上げを予定していたが、機器の不具合で急きょ3回目を打ち上げることに。未明にサッカー女子ワールドカップ「なでしこジャパン」の決勝戦が予定されていたこともあり、3回目の打ち上げが3万メートルに達する深夜3時まで視聴者数は衰えなかった。

制作にあたった博報堂エンゲージメントクリエイティブ局の野添剛士氏は「SNSで単につながる、拡散する、ということを越えて、その先にいるみんなが『1秒1秒にワクワクする気持ち』や『感動』を本当に共有できるようなプロジェクトにしたいと考えた」とコメントした。

8月上旬には、今回の中継の様子がHD画質の映像で公開される予定。

広告制作:博報堂+バスキュール+太陽企画
CD+PROMOTION PL:野添剛士
CD+INTERACTIVE PL+C:大八木翼
CD+WEB DIR:馬場鑑平
C:荒井信洋
CREATIVE ADVISER:朴 正義
AD:竹内 真
MOVIE DIRECTOR:山本真也
INTERACTION DESIGNER:渡邊敬之
TECHNICAL DIRECTOR:小野寺正実、田中謙一郎
ENGINEER:前川和久
ANDROID APP開発:あんざいゆき
SYSTEM ENGINEER:中山誠基、茆原大志、駒場雅信
音楽プロデュース:山田勝也、美登浩二
人形制作:米塚尚史
LOGO DESIGN:後智仁
COPY ADVISER:斉藤賢司
COMMUNICATION ADVISER:河野俊哉


Follow Us