スカイツリー第1展望台初公開、広告媒体はサイネージ中心に展開へ

share


高さ643メートル。自立式電波塔として世界一

10月30日、来年5月22日に開業を迎える東京スカイツリーの第1展望台(高さ350メートル)が報道陣に初公開された。このほか耐震装置であるオイルダンパー、避難階段、一般向けエレベーターも初公開とあって、海外メディア43媒体を含む124媒体265人の取材陣が参加した。なお内装は工事中のため、レストランやオフィシャルショップ、チケットカウンターなどは設置予定スペースのみが公開された。

気になる広告媒体については、公式発表はこれからだが「スカイツリーの内部、周辺施設のスカイツリータウンにかなり多くのデジタルサイネージが設置される予定」(東武鉄道広報担当者)。このほか10月19日にはオフィシャルパートナー11社も決定した。ロゴ活用のほか、スカイツリー内のデジタルサイネージや展示スペースでの露出も可能となる。パートナーは引き続き募集しており、最終的には15社となる見込み。

オフィシャルパートナー企業

アサヒビール、アサヒ飲料、アサヒフードアンドヘルスケア/大林組/カルビー/綜合警備保障(ALSOK)/中央三井信託銀行、住友信託銀行/東芝、東芝エレベータ/日清製粉グループ本社/日本政策投資銀行/パナソニック/富国生命保険/ライオン(10月19日時点)

展望台の内部

第一展望台からの眺め

スカイツリーの公式キャラクターであるソラカラちゃん、テッペンペン(左)、スコブルブル(右)も展望台でお出迎え。キャラクター原作は「ビオレママ」「Qoo」などで知られる、博報堂クリエイティブ・ヴォックスの丸山もゝ子、鍬本良太郎の両氏

4階出発ロビー付近。内部はまだ工事中であることが分かる

囲み取材を受ける、大林組の東京スカイツリー
建築工事作業所長・田渕成明氏


Follow Us