BMW、東京モーターショー期間中スマホアプリを使った一般参加型バーチャルゲームを開催

share

ビー・エム・ダブリュー株式会社は同社の扱うプレミアム・コンパクト・ブランドMINIの新型モデル「MINI Coupé(ミニ・クーペ)」が12月3日(土)から東京ビッグサイトで行われる第42回東京モーターショーで一般初公開となることを記念して、モーターショー会期中にスマートフォンアプリを使って、新型MINI Coupéの実車を奪い合う一般参加型バーチャル・ゲーム「MINI Coupéハンティング大作戦」を実施する。

スマートフォンアプリを駆使したバーチャル・ゲーム「MINI Coupéハンディング大作戦」

「MINI Coupéハンティング大作戦」とは、スマートフォンアプリの地図上に表示される「バーチャルMINI Coupé」を、ゲーム参加者同士で奪い合うというGPS連動型の一般参加型ゲームである。開催される9日間、同じアプリをダウンロードしてゲームを行う参加者が「バーチャルMINI Coupé」保有者の50メートル以内に近づくと、MINIの保有権を奪い取れる仕組みになっており、ゲームが終了となる12月11日13時にこのアプリ上で「バーチャルMINI Coupé」を保有していた人には、MINI Coupéの実車が贈られる。また、開催期間中、毎日20時に「バーチャルMINI Coupé」を保有していた人には、MINIアドベンチャー賞がプレゼントされる。尚、このゲームはスマートフォンを使って自由にダウンロードすることが可能で、ゲームの対象範囲は東京23区内となる。

実施日

ゲーム実施期間: 12月3日(土)13時~11日(日)13時<東京モーターショー会期中>
12月3日(土)12時45分より、東京モーターショー会場MINIブースにおいて「バーチャルMINI Coupéドロップ・セレモニー」を予定。
ゲームエリア: 東京23区内
アプリ開始: 11月21日(月)よりプロモーションサイトが開設され、同日よりダウンロード開始予定
プロモーションサイトURLhttp://www.minicoupe.jp

「バーチャルMINI Coupéドロップ・セレモニー」について

ゲーム開始日となる12月3日(土)の12時45分より、東京モーターショーのMINIブースでは「バーチャルMINI Coupéドロップ・セレモニー」が行われる。会場ではゲーム開始のカウントダウンが行われ、ゲーム開始と同時に集まった参加者の中から1名が最初のバーチャルMINI Coupéを手にすることができる。

優勝特典

MINI Coupé(実車)1台 贈呈

参加手順・ルール詳細

ステップ1: キャンペーン用のスマートフォンアプリをダウンロード。 当選後の連絡先となるメールアドレスを入力し、キャンペーンへ登録。
ステップ2: ゲーム開始後、ダウンロードしたアプリを立ち上げると、地図が表示され、「バーチャルMINI Coupé」の位置や他の参加者の位置を確認することが可能。
ステップ3: 「バーチャルMINI Coupé」の50メートル以内に近づくと、「ハンティングボタン」が押せるようになり、MINI Coupéの保有権を奪い取れる。
ステップ4: 保有権が移動すると、30秒間は誰も保有権を奪い取れなくなり、獲得者はその間に他の参加者から離れて逃げることができる。
ステップ5: ゲーム期間終了となる12月11日(日) 13時時点で「バーチャルMINI Coupé」を保有していた人が優勝。優勝者にはMINI Coupéの実車が贈呈される。

mini アプリ

Follow Us