クリスマスにしまじろうとミッフィーが被災地にプレゼント

share

みんなのきらきらクリスマス

クリックするとページへ移動

ベネッセコーポレーションは12月18日~25日の期間、震災支援の一環としてモザイク・アートを制作し、宮城県仙台市の「三井アウトレットパーク仙台港」に展示する。

このモザイク・アートは、幼児教育ブランド「こどもちゃれんじ」のキャラクターである「しまじろう」と、世界中で愛される絵本の主人公「ミッフィー」が共演するもので、モザイクを構成するのは、日本全国からウェブで投稿された笑顔の写真。東日本大震災で心身に大きな被害を受けた子どもたちを励ましたいという同社からの提案に、ミッフィーの生みの親であるディック・ブルーナ氏が賛同した。

写真は、11月28日~12月23日までの期間、同社特設サイトから、自分の子どもや日本全国の子どもに対するメッセージを添えて送ってもらい、1万枚を募集する(応募多数の場合は先着順)。モザイク・アートの中で、どの部分に自分の写真が使われたのかをサイトから確認できるほか、写真の応募者には、モザイク・アート画像の入ったクリスマスカードがプレゼントされる。

12月25日には、今回の取り組みのためにつくった「こどもちゃれんじ」のオリジナルクリスマスソング「みんなのきらきらぼし」を、しまじろうとウクレレシンガーのつじあやのさんが歌うミニコンサートを開催。USTREAM中継も予定している。

同社は震災後、ゴールデンウィークから「しまじろうの慰問・応援イベント」を開始。心のケアを目的とした「手遊び」、「体遊び」、「歌ダンス」をするため、避難所、保育園、再オープン間もないショッピングモールなど、17市町村47カ所を訪問してきた。
クリスマス前後は、12月25日に仙台市を訪問するほか、22日に岩手県山田町、23日に宮城県石巻市、24日に福島県いわき市の子どもたちに会いに行く予定だ。


Follow Us